「愛情という電池」ニューヨーク東8番街の奇跡 トーレスさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

ニューヨーク東8番街の奇跡

劇場公開日 1987年12月25日
全4件中、4件目を表示
  •  
映画レビューを書く

愛情という電池

「生命の美しさ」をテーマにファンタジーの域をこえる名作

「ファンタジー」と聞くと、現実ではありえず子供たちに夢を与えるようなイメージがあるが
このファンタジー映画はもはやファンタジーをこえスピルバーグからのメッセージカードのような映画だ。
犬や猫を使って、"愛情が生命に息を吹き込む"そういった映画にしてもいいのかもしれない。
が、ここで使われたのはUFOだ。しかも自分の意思があり生活をするのだ。一見UFOと共に過ごすファンタジーだが、愛情という大きな要素で映画がどんどん展開されていく。矛盾しながらもファンタジーで不思議な感覚にはならず、むしろ人を納得させるのだ。
これだからスタッフも今となっては大物になっていくのだと思う。

トーレス
さん / 2011年5月23日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi