劇場公開日 1993年4月17日

天使にラブ・ソングを…のレビュー・感想・評価

4.097
33%
56%
10%
1%
0%
採点

全97件中、1~20件目を表示

4.0ウーピーがブレイク

2022年12月4日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

主人公(ウーピー・ゴールドバーグ)は情夫の殺人現場を目撃、怖くなって逃げ出すが裁判で証言することに。
修道院に身を隠すが、聖歌隊で才能を発揮してしまい・・・。
ウーピーのはまり役で、相手役のマギー・スミスとの掛け合いが楽しい。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
いやよセブン

3.5注目を浴びる天使の歌声

2022年12月4日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

ウーピーゴールドバーグ扮するデロリスヴァンカルティエは、子供の頃から問題児であった。殺人事件の証人として保護されるためにデロリスは修道院へ行く事になった。

ウーピーゴールドバーグは、ゴーストでも奇怪な占い師オダメイ役で登場した個性派女優さんだね。この映画も3回は観たね。ちょっとうざい感じは否めないが、天使の歌声が注目を浴びる様に変わっていく様は見ごたえがあったね。音楽は素晴らしい!

コメントする (0件)
共感した! 0件)
重

3.0主要メンバーがハモれていないのに、 結果として調和がとれている

2022年12月3日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

 観たことなくても、ラストで使われる曲を聴いた人は多いのではないでしょうか?修道女が聖歌をポップに歌う、主演のウーピー・ゴールドバーグをスターダムに押し上げたコメディ映画。

 あらすじとしては、クラブのボーカルで働いていたデロリスは、不倫相手でギャングの頭の男が部下を粛正する現場を目撃。口封じを恐れたデロリスは警察に通報、担当のサウザー警部補はデロリスを匿うため、地域社会から孤立した修道院に送るが・・・という感じです。

 まずびっくりするのが、この映画には個性あふれるキャラクターが多くいること。デロリス扮するウーピー・ゴールドバーグは勿論のこと、伝統を重んじるお堅い修道院長、本作で唯一他のシスターと服装が異なる寡黙なソプラノシスターやピアノを弾くのが補聴器つけたババ様シスターなど、どのキャラクターも色が立っている・・・というより、

 キャラクターの色が立ち過ぎて個々で浮きまくっている。

 自分を主張しすぎて演技のアンサンブル(ハーモニー)が合っていないように感じる。だれも合わせようとしないのかと思える違和感。

 だが、これが良い!

 このスタイルが、まさかの調和を見せている。違和感が心地いいような、雑味だらけだからこそ面白い部分が多い。特に堅物院長扮するマギー・スミスの目、これだけでも名演に値するし、寡黙なソプラノシスター扮するウェンディ・マッケナの浮きまくりながらも健気な姿は自分の感性にクリーン・ヒット。ギャングの頭はギャング映画によく出ている名優:ハーヴェイ・カイテルだったらしいが、その雰囲気はコメディに寄っている。これはあれかな、コメディ映画に寄せた役作りやったんかな?もちっと本職よりでも良かったかな。ウーピー・ゴールドバーグは、もともとオモロイから良し。

 しかし、それ以上に素晴らしいのは、聖歌をポップに、ダンスも踏まえて楽しく見せているところ。曲がよろしいのよ。ノリとテンポの良い曲を全力で明るく歌いきるシスターたち。これが本作の最大の魅力。それでも個性満載で交わる気のないキャラクターたちのアンサンブルが魅力をさらに引き立てている。
観ててなかなか面白い作品。一度観るのに損はないと思います。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
asukari-y

5.0最高過ぎ

2022年12月2日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

泣ける

笑える

楽しい

流石名作

コメントする (0件)
共感した! 0件)
喜怒哀楽

4.0歌唱が素晴らしい映画

2022年11月15日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

全体のストーリーとしては、修道院という閉鎖的な環境をうまく表現して、シスターたちが前向き生きる内容なので良いですが、なんといっても歌唱が素晴らしい映画だと思いました。今まで食わず嫌い的で見ていなかったのを後悔。
最後の教会でのI Will Follow Himはこの映画の象徴として聴きごたえがありますが、一番印象に残ったのは冒頭のカジノでの3人でのメドレーでした。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
ふーてんふーてん

4.0『世間』は人間のポテンシャルを測れないし過小評価しがち。

2022年8月20日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
葵須

5.0昔から大好きな映画です。 最初ひどかった聖歌隊がウーピーの指揮のも...

2022年6月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

幸せ

昔から大好きな映画です。
最初ひどかった聖歌隊がウーピーの指揮のもと成長して、街の人々に愛される存在に。
シスターがどんどん結束してパワフルに行動的になっていくも観ていて楽しいし、シスターがみんな可愛らしく、生き生きと歌っている姿も素敵で可愛らしい。
ラストの聖歌隊の一体感にはぐっとくる。
音楽も最高だし、何回観ても飽きない、元気な気持ちになれる映画です。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
よっしー

5.0やるな、院長!

2022年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

幸せ

萌える

最初に見た時は、歌と小気味の良いコメディにノックダウンされた。
 歌はもちろん、あの動き。圧巻はデロリスだけれど、老若皆全身から音楽が奏でられてくる。皆、楽しんで歌っている。
 私はキリスト者ではないけれど、人生への、命への賛歌ってこういうものなんだろうと思った。

けれど最近見直して。
 堅物院長。融通の利かない深窓のシスターかと思ったら!(^^)!。
 うっかりしていると聞き逃してしまうほどさらっと、すごいことを言うところが、この甘いストーリーの中で、黒胡椒的スパイスかと思っていたらそれだけでなく、
 セスナ機長を口説き落とすシーン。いやはや、その手を使いますか。
 リノでの名指揮官ぶり。
 「シスターの衣装は、もう私たちを守ってくれない」って過去に何があったんだか。
 生真面目で、でもしっとりとした情緒をにじませ、それなのに、なぜかくすくす笑っちゃう。これだけの多面的な顔を見せつつも、感情のふり幅が大きいわけでもない。バレエを踊っている時のように、体は変幻自在に動きつつも、姿勢と頭の位置は同じ。なんというセンスの役者なんだろう(感服)。

 プラス、ヴィンス。
 演じるカイテル氏。『ピアノレッスン』の寡黙な男に比べ、なんともまあ。
 冒頭のナルシストぶりをはじめとして、渋く決めているはずなのに隙だらけ。やっぱりクスクス笑っちゃう。すごい役者だ。

この二人だけではない。
 デロリスとの出会いを通じて、変わっていくメアリー・ロバート。
 最初から最後までマイペースだが、良い風を吹かせてくれるメアリー・パトリック。
 指揮のことで対立するが、(悪戯)仲間になっていくメアリー・ラザラス。
 他にも個性豊かなシスターたち。
 コーラスこそすごいが、一人一人はけっしてうまくはない。けれど、その楽しそうなこと。その様子を見ているだけで幸せになってくる。

そんなたくさんの個性のアンサンブル。
そして、そんなデロリスやシスターたちと、院長の表情のかけあい。
それを見ているだけで、初見はハラハラ。何度か見直して結末を知っていると笑いがこみあげてくる。

「離婚したら地獄の業火で焼かれる」・・・殺しはいいんかい(笑)。
「シスターの衣装は、もう私たちを守ってくれない」・・・この台詞が後半効いてくる(笑)。
そんな宗教ネタが、この映画の中では…。
 そのあたりもほのぼのするし、エピソードとして効いてくる。

くさくさしているときでも、
あのシスターたちの表情を見ていると、
デロリスの軽快に動く様をみていると、
院長の毒舌に憧れて、
つい、何度も観てしまう!
生涯必携の1本です。

コメントする (0件)
共感した! 3件)
とみいじょん

4.5やっと観られた

2022年1月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

修道院、修道女の固定観念を揺るがす楽しい映画だ。
ギャングたちも尼さんに手を出しかねているところが、アメリカっぽい。

午前10時の映画祭で

コメントする (0件)
共感した! 2件)
Momoko

3.5午前十時の映画祭で初鑑賞。 評判通りの良作ですが、ちょっと軽いと言...

2022年1月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

午前十時の映画祭で初鑑賞。
評判通りの良作ですが、ちょっと軽いと言うか、捻りがないと言うか。。
でも十分楽しめました。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
やまぼうし

4.0デロリスが面白い

2022年1月23日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

笑える

楽しい

萌える

午前十時の映画祭11で観賞。
ネバダ州リノでクラブ歌手として働くデロリスは、愛人でギャングのヴィンスが裏切った部下を殺害する所を目撃し、命を狙われることになってしまった。警察に保護され、サンフランシスコの小さな修道院で尼僧として身を隠すことになり、修道院長の下で規律に縛られた生活を送ることになった。そんなある日、聖歌隊のリーダーに任命されたデロリスは、歌手としての本領を発揮し冴えなかった聖歌隊を訓練し、パフォーマンスで街中の注目を集めるようになった。警察の内通者のせいでデロリスの居場所がヴィンスに知られ、リノに連れ戻されたデロリスは・・・という話。
デロリス役のウーピー・ゴールドバーグが面白くて歌も上手くて最高。
院長役のマギー・スミスと太ったシスター役のキャシー・ナジミーも面白くて、ひとり服装の違うシスター役ウェンディ・マッケナが可愛かった。

コメントする (0件)
共感した! 4件)
りあの

3.0ハッピーコメディ

2022年1月22日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

ネバダ州リノの修道院を舞台に繰り広げられる名作コメディ。カジノに大勢の尼さんが押し掛けるシーンは何とも言えない組み合わせでかなり笑えます。誰でも気軽に楽しめる作品で名曲「I Will Follow Him」を含めたゴスペルも堪能できます。
(午前十時の映画祭にて鑑賞)
2022-14

コメントする (0件)
共感した! 2件)
隣組

3.0娯楽映画のかがみ

2022年1月20日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

「午前十時の映画祭」で鑑賞。

楽しめました。
「お客様は神様です!」ということ――つまり、観客を楽しませてなんぼ、ということを体にたたき込んだプロフェッショナルたちが作った映画です。

娯楽映画(というのもおかしな言い方だが。映画は基本的に娯楽だと思うから)にお決まりのアクション・シーンやドタバタ劇だけでなく、本作には、倫理観とか人間性についての洞察のようなものも描かれていて、バランスのよいエンターテインメントになっていると思いました。

もちろんツッコミどころもいろいろあるのですが、作品の質が高いとそういう点はあまり気にならなくなりますね。そういうことをゴチャゴチャと取り立てて言うのは野暮だと感じてしまう。滑稽なストーリーを、バカバカしいと感じさせずに観せることができれば、その映画は成功です。

てなわけで、本作は「娯楽映画のかがみ」と言ってよいでしょう。
このまえ観た、『茜色に――』なんとかという映画の対極に位置するようなサービス精神満点の作品でした。

それはそうと、デロリスは、やはり神に導かれてあの修道院にいくことになったのでしょうね👼アーメン🙏

コメントする (0件)
共感した! 0件)
peke

3.0陳腐でありえないけど、その中に

2022年1月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

単純

幸せ

見ていて予定調和ながら、とても心がワクワクさせてくれる映画。心を一つにする、自分にだけではなく、みんなに奉仕することによって音楽によってもたらされる幸福感。わかりやすすぎるけど、そこが1番のこの映画の魅力。今だったらどんな映画になるだろう。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
morick

2.0寓話だと思うが。

2022年1月15日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

キリスト教徒では無いので、詳しくは分からないが、カソリック教会ではあり得ない寓話だと思うが。イタリアマフィアが尼僧を撃てない理由はよく理解できた。
ミュージカルとして見れば、凄く面白いかと思う。

コメントする (0件)
共感した! 0件)
マサシ

4.0午前十時の映画祭にて。 何度目の鑑賞になるかわからないが、大きなス...

2022年1月9日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

幸せ

午前十時の映画祭にて。
何度目の鑑賞になるかわからないが、大きなスクリーンだとまた感動もひとしお。この映画を観たあとにゴスペルを始めた人も多かった。日本にゴスペルブームを巻き起こした作品。

コメントする (0件)
共感した! 2件)
Yoshi K

5.0歌が上手くなるところが良き

2022年1月8日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 1件)
リボン

4.5コメディのお手本

2021年12月20日
PCから投稿

原題・邦題のどちらもが秀逸。
原題の「SISTER ACT」では修道女と黒人女性のWミーニングになっている。
邦題の「天使にラブソングを」では日本人に馴染みのない教会と賛美歌を雰囲気重視で表現されてるのはお見事。
日本では原題のままでは何の話か分からずにヒットしなかったかも。

厳粛な空間に異物が投入され、反発し合うものたちが徐々に混ざり合い化学変化を起こす。
この過程は観ててすごく刺激的だし、おばあちゃんシスターたちが楽しそうに歌う姿は笑みを零さずにはいられない。
フラ・ガールとかスウィングガールとか似たような展開の作品は邦画でも多い。

3の制作がされているというニュースを見かけたけど、期待半分不安半分。
ウーピーのエネルギッシュさは健在?

コメントする (0件)
共感した! 1件)
昭和ヒヨコッコ砲

4.0音楽のちから

2021年11月2日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (0件)
共感した! 0件)
P.N.映画大好きっ子さん

5.0最高!

2021年4月29日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

笑える

楽しい

幸せ

面白すぎる!以上!

コメントする (0件)
共感した! 4件)
Hiro
「天使にラブ・ソングを…」の作品トップへ