血の祝祭日

劇場公開日

0%
25%
50%
25%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

世界初のスプラッター映画として現在もカルト的人気を誇る、ハーシェル・ゴードン・ルイス監督による低予算ホラー。エジプト料理店を営む男ラムゼスは、古代エジプトの女神イシュタールの崇拝者だった。自らを高僧の生まれ変わりだと信じるラムゼスは、若い女性を惨殺してはその体の一部を神に捧げるという凶行を繰り返していく。衝撃的な残酷シーンの連続に公開当時は各方面からバッシングを受けたものの、興行的には大成功を収めた。2012年、ルイス監督の半生を描いたドキュメンタリー「ゴッドファーザー・オブ・ゴア」(11)公開にあわせ、特集上映「ハーシェル・ゴードン・ルイス映画祭」で日本劇場初公開。

1963年製作/70分/アメリカ
原題:Blood Feast
配給:キングレコード、TRASH-UP!!

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

OSOREZONE|オソレゾーン

世界中のホラー映画・ドラマが見放題!
お試し2週間無料 マニアックな作品をゾクゾク追加!(R18+)

  • 血ぬられた墓標
  • 知りすぎた少女
  • ブラック・サバス 恐怖!三つの顔
  • 呪いの館
  • 血みどろの入江
  • 新エクソシスト 死肉のダンス
  • GONIN
  • GONIN2
  • カリスマ
  • 霊的ボリシェヴィキ
OSOREZONE

Powered by 映画.com

フォトギャラリー

  • 画像1

(C)1963 Box Office Spectaculars, Inc., Epics International.

映画レビュー

3.5ハーシェルゴードンルイス映画祭その①

peanutsさん
2012年10月7日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

単純

スプラッタームービーの元祖と呼ばれるルイス作品、昔から見たかったから見に行っちゃいました。
時間の都合で本日しか見るチャンスなし!
だから今日3本イッキミ!
そしてこの3本しかみれません…。
1本目、この祝祭日。
1963年の映画だそうです。
血糊を間違えて大量発注してしょうがないから作ったって理由もあるらしい…。
確かに前編通してチープでした。
目玉えぐりやら舌引っこ抜きやら残酷シーンは盛り沢山だけど、今のホラーと違って殺人の直接描写はほぼ無し。だから切れた舌やらえぐりの眼は出てきますが痛そうなシーンはありません。
エジプトの生贄の話をベースにストーリーは面白いと思うのですが全て幼稚な出来でしょうか…。
俳優さんも上手いとは言えず…。
最後のオチも考えようによっては面白いんですけどね。
けど、僕が生まれる1年前からこんなこと映像化しちゃう意気込みに脱帽でした。
まあまあの面白さでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
peanuts
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る