劇場公開日 1997年10月18日

世界中がアイ・ラヴ・ユーのレビュー・感想・評価

3.34
17%
29%
47%
6%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全4件を表示

3.0NYのハッピー野郎

a.さん
2017年5月14日
iPhoneアプリから投稿

ふふっと笑えるハッピー野郎の物語。
こういう人たちの恋の話って面白いなと思う。
シンプルに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
a.

3.5いいミュージカルじゃないか!

JYARIさん
2017年3月25日
iPhoneアプリから投稿

やっぱウディアレンは凄い。
まあ中身は薄っぺらいかもしれないけど
演出や景色は見ごたえあるし
テンポいいセリフの羅列と
豪華なキャストで
すごく充実してた

これドリューバリモアの
一番可愛い頃だよね
ナタリーポートマンと共演なんて
珍しく感じる

ウディアレンは自分をかっこよく撮らないから
いいよね
まあ結局魅力的に写っててズルいんだけども
でもこれウディアレンがやってなかったら
もっとヒットしたんじゃ、、、

大人の恋を描かせたら一流だよなあ
と思ってたら
ポップなジョークも効いてて
本当に天才かと思う

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
JYARI

3.0家族がアイラブユー

2014年6月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

ある一家族の群像劇。大きな問題も何も考えず軽快に乗り越えて行くウディ・アレン流に何だか気持ちも軽くなった。ティム・ロスとドリュー・バリモアのキスシーン、ゴールディ・ホーンとウディ・アレンのダンスシーンなど記憶に残るシーンもあって面白かった。僕がミュージカル苦手なので踊り歌い盛り上がる演出と反比例して冷めてしまう自分にガッカリ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
奥嶋ひろまさ

2.5批評泣かせな映画だと思います

2009年8月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

幸せ

1996年製作のウディ・アレン作品でございます。「マンハッタン」がすごく良かっただけに、結構期待していました。

内容は、マンハッタンに住むある一家をベースに、またまたハチャメチャな人間関係が展開されています。その一家の妻は離婚歴があり、その相手は現在はパリで作家をしているアメリカ人(この人がウディです)。

妻の新しい家庭は堅実なのですが、どこかネジが緩んでいます。夫は知識人で妻と同じくリベラルな思想の持主ですが、何故か息子はがちがちの保守派で共和党支持者。犯罪者は一生、刑務所に入れておけだとか、白人優越主義を一家団らんの場で吠えてみたりで、つねに父親との喧嘩が絶えません。

娘は、前夫ウディとの間にできた子で、父親の遺伝子を受け継いだのか超恋愛体質(が長続きしない)。もう一人の娘は、誰もが認める男性と婚約しますが、リベラルな両親をもった性か、刑務所から出たばかりの男に口説かれ婚約を破棄。

一方、パリに住むウディは、いつも女性をうまく口説き落とすが、これまた関係が長続きしない。恋人に逃げられるたびに、前妻に泣きつきことの連続。そして、それを快く受け入れる前妻と現在の夫。この映画の登場人物は、みんな性格に問題を持ってますが、とてもお人よしなのです。

そんな人間模様をミュージカル仕立てに描いているのです。内容、というかドラマ性はほとんどなく、最初から最後まで、そんな登場人物たちの喜怒哀楽が描かれ続けています。そして、これだけです。

「マンハッタン」と比較すると、ウディの作風もかなりアクが抜けたというのが第一印象です。観ててそれなりに笑えるのですが、それ以上のものがありません。色々な人を描いたせいか、観ててなかなか中心になるメッセージが伝わってきませんでした。

それでも世の中の上流階級に住む人々を風刺することで、アメリカという国自体も風刺しているような雰囲気は伝わってきました。「自由」という言葉もいきすぎると、こんな家庭になってしまうんだよみたいな。

でも、本作はわたくし的にそれ以上ひっかかるものがありませんでした。こんなにレビューを書くのが難しい作品はなかなかないです。

だって、けなそうにもけなす所がないし、褒めるところもないのですから。
ある意味、これって名人芸なのかもしれませんね。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
あんゆ~る
「世界中がアイ・ラヴ・ユー」の作品トップへ