シティ・オブ・ジョイ

劇場公開日

シティ・オブ・ジョイ
39%
50%
11%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

「ダーティ・ダンシング」「ゴースト ニューヨークの幻」などでトップスターとなったパトリック・スウェイジが主演し、人生に絶望したアメリカ人医師がインドのカルカッタ(コルカタ)で再起していく姿を描いたヒューマンドラマ。監督は「キリング・フィールド」「ミッション」の名匠ローランド・ジョフィ。音楽は「ニュー・シネマ・パラダイス」のエンニオ・モリコーネ。ひとりの少女の命を救えなかったことで自らの無力さに打ちひしがれたアメリカ人の医師マックスは、救いを求めてインドのカルカッタを訪れる。「歓喜の街(シティ・オブ・ジョイ)」と呼ばれるスラム街で、車引きのハザリ一家や街の診療所を経営する白人女性ジョアンと知り合ったマックスは、成り行きから診療所を手伝うようになり、懸命に生きる街の人々との触れ合いを通じて、再び人生の意義を見いだしていく。1992年の公開以来、日本ではDVD化などがなかった作品で、製作30周年&故パトリック・スウェイジ生誕70周年となる2022年に、4Kデジタルリマスター版でリバイバル上映。

1992年製作/135分/G/フランス・イギリス合作
原題:City of Joy
配給:キングレコード
日本初公開:1992年5月30日

オフィシャルサイト

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

フォトギャラリー

  • 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像4
  • 画像5
  • 画像6

CITY OF JOY (C) 1992 - LIGHTMOTIVE LIMITED - PRICEL.

映画レビュー

5.0雑さがすごい

victorさん
2022年4月15日
iPhoneアプリから投稿

主役のパトリックが成長しながら感動的に街のお悩みを解決!
という単純な映画では全然なかった

パトリック自身は決して正義のヒーローではなく
人を傷つけたり自分自身にも迷いまくりでケンカも弱い

けれどもその雑な中で、差別はその人個人が何に重きを置いているのかで発生するものなんだと気づかされる

こんなこと言ったら失礼だ
こんなふうに思うのは差別的なことだ
そう自分が思った時にこそ
本当に大事な部分を見逃しているんじゃないかと

違いや不公平はリアルに存在するが
それは自分と気が合う人と出会う障害になるわけではない!
そうスッキリ思わせてもらえる素敵映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
victor

3.5ベタなヤンキードクターの再生

Momokoさん
2022年4月3日
iPhoneアプリから投稿

インドの俳優さんたちのパワフルさはすごい。
大雨のシーンとか、貧しい人々の住まいとか、主人公との落差、診療所を経営する看護師さん、ハンセン氏病の人も登場し、貧富の差、自由、色々なことを考えた。
この映画の頃から世界は少しは良くなったと思いたい。

コメントする
共感した! (共感した人 3 件)
Momoko

4.0人生の旅

MARさん
2022年3月15日
PCから投稿

泣ける

幸せ

少女の命を救えなかった絶望から医者をやめ、ひとりインドに渡ったマックス。貧困にあえぎながらも懸命に生きるハザリ一家やクリニック医師と出逢い、自らも希望を取り戻していく物語。

今年の未体験ゾーンで見逃しの名作にこんなにも早く出会えるとはありがたい‼

裕福な国、アメリカから来たマックスと、借金苦からカルカッタに逃れ仕事を探すハザリ。対照的な2人が、助け合ったり衝突し合ったりの繰り返しの中で、逃げてきたマックスにも希望の灯が灯り…。

更には街を牛耳る悪徳グループに逆らえない群衆の中で、皆を導き立ち向かおうとするリーダーシップを発揮するマックス。しかし、彼の知らないこの地の風習…騙しは日常茶飯事、病気と思われる人々への偏見・弾圧に苦しめられる。

そんな価値観・立場の違いから中々一枚岩とならないマックス達が突き進んでいく様は感動したし、貧困に苦しむ現地の人達の生きづらさ、そして人種を越えた家族の物語に胸を打たれた作品だった。

舟の舳先の話はグッと来たなぁ・・・。ワタクシも普段から暗い未来を勝手に想像しては不安になるクセがあり・・・。観ていてとても勇気をもらえた。

また、悪役たちの存在感が素晴らしい。最後手を貸さなかったあたり、やっぱり息子の方は信頼されていなかったのかな。
その点、オヤジの方は思考は悪だし搾取も酷いが、それでも多くの民衆からの支持を得ていた模様。認めたくはないが優秀なんだろうな。尚のこと恐ろしい…。

正義と悪、富と貧困、勇気とか希望とか幸せとか・・・月並みな感想ですが、そんなものが沢山詰まった名作だった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
MAR

4.5生き馬の目を抜くような貧困街・カルカッタに一筋の希望を求めて 家族...

Miyokoさん
2022年3月12日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Miyoko
すべての映画レビューを見る(全7件)

他のユーザーは「シティ・オブ・ジョイ」以外にこんな作品をCheck-inしています。