ザ・カンニング IQ=0

劇場公開日

15%
15%
32%
15%
23%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

勉強のできない予備校生たちが大学入学資格試験(バカロレア)に様々なカンニングを駆使して合格するまでを描いた喜劇。製作はクリスチャン・ラントレティアン、監督は「冒険喜劇 大出世」のクロード・ジディ、脚本はクロード・ジディ、ディディエ・カミンカ、ミシェル・ファブルの共同執筆。音楽はボブ・ブロール、撮影はポール・ボニスが各々担当。出演はダニエル・オートゥイユ、フィリップ・タッシーニ、カトリーヌ・エラルディ、フランソワーズ・ミショーなど。

1980年製作/フランス
原題:Les Sous-Doues
配給:東宝東和

ストーリー

ルイ14世予備校のルシェ校長(マリア・パコーム)は怒り狂っていた。というのもバカロレアの合格率がゼロで、しかもそれがテレビを通じてフランス中に知れわたってしまったのだ。そこで今年こそ生徒たちを甘やかすのを止めようと、教鞭をとっている夫レオン(ユベール・デシャン)、娘マリリン、体育教師ブリュスともども徹底的にシゴクことを決意。一方、その生徒たちはというと、これまたユニークな連中ばかり。恋人のカロリーヌ(フランソワーズ・ミショー)と一緒に予備校へ通えるので不合格は大歓迎のジュリアン(フィリップ・タッシーニ)。バイクを盗まれ頭に来ているガエタン(G・ブルーム)、その彼から盗んだバイクを何食わぬ顔で本人に売りつけるグラフィティ(パトリック・ローラン)。誰でも平等に愛してしまうジャンヌ(カトリーヌ・エラルディ)。某発展途上国元首のたよりない後継者オノレ。そしてリーダー格はあらゆる校則を無視するベベル(ダニエル・オートゥイユ)だ。ベベルと校長の攻防戦は激烈を極め、トイレで煙草を喫っていて探知機でバレてしまい校長にビンタを食らうと、今度はトイレのノブに電気を通して校長を感電させて復讐。また、トイレのプレートを校長室につけたために、そうとは知らないオノレが校長室で用を足してしまう。さらにベベルはクラスメートと組んで、マリリンやブリュスらにも攻撃を仕掛ける。そんなわけで当然のごとく彼らの成績はあがらない。業を煮やした校長は新兵器“勉強マシーン”を導入。マシーンの質問に答えられなかったら備えつけの強烈なパンチが飛んで来るのだ。おかげで生徒たちは心身ともにガタガタ。ついにベベルたちは予備校爆破を計画。もちろん軽いオドシのつもりだったのだが、とんだハプニングで本物の爆弾が爆発、学院は全壊してしまった……。この事件で裁判所が生徒たちに下した判決は、バカロレアに合格したら無罪、不合格の者は即、刑務所行きというキビシイものだった。合格するにはカンニングしかないと、親子ともどものカンニング大作戦を展開。さて試験の当日。日頃彼らに泣かされているグロッセ警部(ミシェル・ガラブリュ)の厳しい監視の下、あの手この手のカンニングの秘術を駆使した彼らは、この難関を見事に突破、全員、めでたく合格する。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

GEM Partners調べ/2021年6月|Powered by U-NEXT

フォトギャラリー

映画レビュー

3.0公開当時、予告編テレビCMを何度も見た記憶が

kossyさん
2019年7月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

 ベベル(オートゥイユ)が中心となってイタズラ三昧の予備校。何が不満なのかわからないけど、高い授業料を払ってまですることか(笑)!トイレでの喫煙ネタで引っ張り、女教師をからかう光景。子供じみたイタズラから大人の男女のイタズラまで、こいつら絶対に合格しないよな~って感じなのだが、爆破テロ事件をきっかけに刑務所に入れられると警察署長に脅されて真剣に合格を目指すのだ。

 カンニングの方法は痛快で面白いのですが、中でも面接試験で民族ドラムのリズムで答えていくシーンが最も笑えた。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

0.5笑えない喜劇

暗黒卿さん
2018年5月19日
Androidアプリから投稿

いたずらの果てに死人が出るのは流石に笑えませんでした。最後までバカバカしいテイストを貫いていて潔いと言うのか…なんともいえない二時間でした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
暗黒卿

3.5全力で悪さをする駄目人間たち

Cape Godさん
2013年3月8日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

笑える

総合:65点
ストーリー: 60
キャスト: 70
演出: 80
ビジュアル: 65
音楽: 60

 本当にくだらない駄目人間の集団である。そいつらが普段から勉強もせずにいたずらやら悪さばかりをするために努力を惜しまないのが笑える。彼らのする一つ一つの悪さが知恵の限りをこらしており、それが面白いのである。
 そんな彼らが試験のためにそのエネルギーを不正行為に全力を傾けるというのが、彼らがいかに駄目人間なのかを表している。その力を勉強に最初から注ぎ込んでいれば、こんな事態を招くこともなかったろうに。内容のある映画ではないので何度も見なくてもいいが、何も考えず気楽に一度見て笑ってみるのもいい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「ザ・カンニング」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ザ・カンニング IQ=0」以外にこんな作品をCheck-inしています。