刑事ジョー ママにお手上げのレビュー・感想・評価

刑事ジョー ママにお手上げ

劇場公開日 1992年5月30日
1件を表示 映画レビューを書く

最低脚本賞も納得

ゴールデンラズベリー賞では最低脚本賞・主演男優賞・助演女優賞に輝き、スタローン自らキャリア史上最低の映画にあげ、主演した事を後悔したと発言するなど曰く付きの作品。

ここまでボロクソだと逆に観たくなるし、実は面白いんではないか?と勘ぐりたくなる。

結果は・・・微妙...

決してつまらなくはない。
だが、クスクス笑える所がちょくちょくあるぐらいで、 非常にテンポが悪い。
コメディなのだから可笑しなBGMをたくさん使ってもいいのに、台詞だけのシーンも多い。
なので高揚感が湧かないんですよねぇ。
敵に関しても物語を作る上で無理やりねじ込んだ感じで魅力なし。

お母さんのキャラはイカしてますが、映画としては残念な出来に間違いない。
なにより監督の手腕にも疑問視が・・・
最低監督賞もあげたいぐらいだ。

個人の感想と世間の感想は必ずしも一致しないものであるが、これには酷評も納得。
終わりも中途半端。

ただ、スタローンが体を張ってコメディを演じた物珍しさやちょこっと笑わせてくれたので2.0と致します。

ジーナ(Filmarks共有)
ジーナ(Filmarks共有)さん / 2018年5月28日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi