狂っちゃいないぜ

劇場公開日

0%
40%
40%
10%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

航空管制官の男たちのスリリングな毎日の人間模様をコミカルに描いたドラマ。監督は「フェイク」のマイク・ニューウェル。脚本はテレビシリーズ『Taxi』のグレンとレスのチャールズ兄弟。原作はダーシー・フレイの『Something's Got to Give』。製作は「ファイト・クラブ」のアート・リンソン。製作総指揮は「200本のたばこ」のアラン・グリーンスパン、『マイ・ニュー・ガン』(V)のマイケル・フリン。撮影は「バーチュオシティ」のゲイル・タッターソル。音楽は「フル・モンティ」のアン・ダッドレー。美術は「夕べの星」のブルーノ・ルベオ。編集は「フェイク」のジョン・グレゴリー。衣裳は「ミミック」のマリー・シルヴィー・デヴォー。出演は「シン・レッド・ライン」のジョン・キューザック、「シンプル・プラン」のビリー・ボブ・ソーントン、「エリザベス」のケイト・ブランシェット、TVM『ジョージ・ウォレス』のアンジェリーナ・ジョリーほか。

1999年製作/124分/アメリカ
原題:Pushing Tin
配給:20世紀フォックス映画

ストーリー

ニューヨークの航空管制局(TRACON)。No.1を自認していた航空管制官ニック(ジョン・キューザック)は、地方から転勤してきたやり手の新入りラッセル(ビリー・ボブ・ソーントン)に強烈なライヴァル心を燃やし始める。何かにつけて張り合うふたりは、やがてニックの妻コニー(ケイト・ブランシェット)とラッセルの妻メアリー(アンジェリーナ・ジョリー)を巻き込んで四角関係に陥った。仕事と妻の浮気という大きなストレスを抱え込んだニックは神経をすり減らすいっぽうだったが、そんな矢先の雪の日、空港に爆弾が仕掛けられるという大事件が発生。必要な誘導人員は2名。かくして、わだかまりを持ちながらもラッセルとニックはコンビを組んで、互いのプライドと妻をも賭けた難事に挑んでいくのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

今すぐ30日間無料体験
いつでもキャンセルOK  詳細はこちら!

Amazonプライムビデオ

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0Pushing Tin

m@_@mさん
2021年3月27日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:VOD

人は後ろめたいことをすると

逆に人を疑ってしまう

自分のことは棚に上げて

人はきっとやり直せる

この主人公ならではの復活劇

感動しますね〜

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
m@_@m

3.0いやぁーすごいストレスの仕事だ

たねさん
2020年10月22日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
たね

4.0この映画がきっかけでアンジェリーナ・ジョリーとビリー・ボブ・ソーントンが結婚

kossyさん
2020年4月24日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ストレス溜まるだろうなぁ。一人の管制官が一日に預かる人命が外科医が一生に診る患者よりも多い・・・すごいですね。キューザックとソーントンの対決が見ものになるのだが、人気の男優としての対決でもありますね。キューザックが車の助手席にソーントンを乗せて無謀運転するシーンが面白いです。もちろんアンジェリーナ・ジョリーのヌードも楽しみの一つだ・・・

 もっと骨太のドラマかと思っていたら、同僚の妻と寝てしまい、自分も仕返しをされるのではないかと益々ストレスが溜まる展開。しかし、着陸したジャンボ機の後方乱気流ってあんなにすごいのかぁ~

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全3件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「狂っちゃいないぜ」以外にこんな作品をCheck-inしています。