劇場公開日 1997年4月19日

Emma エマのレビュー・感想・評価

3.35
6%
47%
44%
3%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全5件を表示

3.0ロマンチック&キュートが満載

yupppiiiさん
2018年9月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
yupppiii

3.0なんか…こじれすぎ?

JYARIさん
2016年2月10日
iPhoneアプリから投稿

ジェーンオースティン3作目

ずっと友達想いに行動してきたエマが
最後結ばれるシーンは中々感動的
でも、そいつと?って感じ

てかエマはもっとドジで色々
やらかしちゃう子かと思ってたけど
意外とちゃんとしてた

これ視聴者目線的には完全に
ハリエット応援しちゃう

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
JYARI

4.0ロマンティックさ満点!

ぞのさん
2013年4月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
ぞの

3.5好きになれない主人公

Cape Godさん
2013年3月3日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

幸せ

総合:65点
ストーリー:60
キャスト:65
演出:65
ビジュアル:70
音楽:70

 原作はジェーン・オースティンの代表作とされているそうです。本音と建て前を使い分け、上流階級らしく失礼の無いように微笑みながら話をしつつ、実は内心では家柄や職業で相手を値踏みする。恋愛対象の人柄ではなくて、地位が高いかどうかが重要。この時代の裕福な貴族ならではの常識的な行動なのだろうが、現代に生きる平民の自分としては見ていて気持ちの良いものではない。

 原作は読んでいないが、ウィキペディアによると

 主人公エマ・ウッドハウスを、作者オースティン自身は「私のほかには誰も好きになれそうにない女主人公」としている。

 なのだそうで、自分の努力で手に入れたものでもない自分の生まれの良さに何も疑いももたずに、階級の低い人を心の中で見下すのが自然になっている主人公を、私もどうも好きになれなかった。幼稚で傲慢で恋愛ごっこに夢中になっているエマの姿は、自分は働きもせずに好きなことだけやって騒いでいる、そこらあたりにいる現代の世間知らずなお馬鹿な学生の行動を思い起こさせる。
 別に彼女が特別悪い人なのだとは思わないし、むしろこのような環境に生まれ育った中ではまともなほうなのだろうし、作品の中での彼女の成長は感じられる。悪い映画ではないのだが、でもやはり最後まで彼女のことを大好きになれたとは言い難いし、それは自分の趣味に合わなかったのだから仕方がない。同じオースティンの原作でも「高慢と偏見」「いつか晴れた日に」のほうが、真剣に生きている主人公に共感出来て全然面白かった。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Cape God

4.0思い込み激しいエマが可愛い

2010年8月28日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

幸せ

面白かったです。華やかでロマンティック。

原作は、19世紀初頭の英国女流作家ジェーン・オースティンの小説。女性の人生が結婚で決まっていた時代。社交界の結婚を巡るお話です。
驚いちゃった、古典文学と思って敬遠してたけど、堅苦しさが全然ないので。

自信過剰でお節介のエマが、周りを掻き回しつつ、成長していきます。美しい景色の中グウィネス・パルトロウが輝いてます。

彼女を見守る年上の紳士、ミスター・ナイトレイが素敵、王道いってます。大事なことです。

社交界と言っても田舎の狭い世界です。ご近所の皆さんが個性的で、「こういう人いる〜」て感じで楽しめました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
グッドラック
「Emma エマ」の作品トップへ