アンドロメダ…

劇場公開日

18%
43%
33%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

現実に起こりうるという点で、恐怖を感じさせるサイエンス・フィクション。製作・監督は「ウエスト・サイド物語」「サウンド・オブ・ミュージック」のロバート・ワイズ、マイケル・クライトンの原作をネルソン・ギディングが脚色、撮影はリチャード・クライン、音楽はジル・メレがそれぞれ担当。出演はアーサー・ヒル、デイヴィッド・ウェイン、ジェームズ・オルソン、ケイト・レイド、ポーラ・ケリーなど。

1971年製作/アメリカ
原題:The Andromeda Strain
配給:CIC

ストーリー

ニュー・メキシコの小さな村に落下した衛星を回収にいった陸軍の兵士たちは、村にふみ込んで一瞬息を呑んだ。あたり一面に住民の死体が転がっているのだ。一方、本部では、村の異常を伝える兵士の声が突然悲鳴に変わり、電話が切れてしまったため、急遽、非常体制をとり、待機していた4人の科学者を動員してワールドファイア計画を発動させた。4人はストーン博士(アーサー・ヒル)、ダットン博士(デイヴィッド・ウェイン)、ホール博士(ジェームズ・オルソン)の3人に、女性のルース・レービット博士(ケイト・レイド)を加えた、アメリカの最高権威であった。現地に飛んだストーンとホール博士は、住民たちの急死は、衛星の中の微生物が住民たちを襲ったためと断定したが、死者の血液を粉末状にするほど凝固させてしまう生物の正体は、見当もつかなかった。さらに不可解なのは、住民たちの中の2人だけが生存していたことである。地酒の好きな老人ジャクソンと、乳飲み児の2人だった。超近代的な研究所で、衛星と2人の生存者を研究資料に、博士たちの必死の研究が始まった。科学者はその微生物を“アンドロメダ・ストレイン”と名づけ、コンピューターを主にした各種装置を駆使して、アンドロメダの分析研究は着々と進められたが、依然、撲滅のための手掛かりは何もつかめなかった。ホール博士が医学研究員のミス・カレン(ポーラ・ケリー)と乳飲み児の反応検査をしていたとき、突然ランプがつき、けたたましい“汚染”のアナウンスが所内を流れた。汚染したのはダットン博士の研究室で、ダットンはガラス越しにストーン博士に励まされながら真青な顔をしていた。ホールは、今までの研究結果から、地酒を浴びるほど飲んでいた老人の酸性と、1日中泣きづめの乳飲み児のアルカリ性の相反する2つが、彼らをアンドロメダの魔手から救ったと直感していた。彼はダットン博士の研究室の酸素供給をとめ、ダットンに激しく呼吸させるようにした。ホールの博打は成功し、ダットンは一命をとりとめた。しかし、直後に今度は研究所の自爆装置が作動し始めた。汚染が規定以上に達すると、自動スイッチがはいり、5分後には研究所が核爆発で吹っ飛ぶように設計されていた。地下1階にある自爆装置を解除するため、ホールはキーを持って向かった。しかし作動と同時に各階のドアが自動的に閉まり、ホールは管制室にいるストーン博士の指示に従いながら、中央室空洞(コア)を登って任務を果たさねばならなかった。困難な作業であったが、ホールはレーザー光線に頬を焼かれながらも、やっとのことで辿りつき、間一髪で自爆装置を解除した。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

受賞歴

詳細情報を表示

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.0ちょっと長い。映像が面白い。

さん
2020年8月28日
iPhoneアプリから投稿

ちょっと長い。映像が面白い。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
卵

4.0ハリウッド復権前夜に公開された、SFの佳作

kazzさん
2020年4月26日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

購入後棚にしまったままだったBlu-rayを引っ張り出して観賞。

マイケル・クライトン(早川書房の表記はマイクル・クライトン)名義の長編デビュー作にして、SF小説の金字塔「アンドロメダ病原体」が原作。
この小説は政府機密記録文書類を連ねた体裁でリアリティーを演出している。
映画化では、記録や関係者の証言による再現映像の設定になっている。

当然ながらSF的な科学技術の描きかたには古めかしさがあり、笑ってしまいそうなところはある。
が、まだハリウッドが低迷していたこの時期に作り上げたSF映画としては力作だと思う。

招集された科学者たちは比較的高齢で、長いキャリアで積み上げた知識と経験が最重要な時代だったのだと判る。
今なら、高校生みたいな若者だとか、スニッカーズとコーラ好きのオタクだとか、職にあぶれたフリーターだとか、そんな中で隠れた天才の存在を政府機関は掴んでいて、強制連行して作戦に参加させたりするのだろうが。

警告灯の点滅で癇癪を起こした科学者に応急処置し、菌が漏洩した実験室に取り残された科学者を救い、自爆装置を止めるアクションを見せる終盤の怒濤の活躍は外科医一人という、最後はヒーロー映画の体だった。

以外とあっけない菌の撲滅方法は原作小説の通りだが、コンピュータのオーバーフローを示すエラーコードを画面一杯に写し出すラストシーンは、ニューシネマ全盛の時代背景を反映したロバート・ワイズの捻りだと思う。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kazz

4.0夢中になった記憶

Kayoさん
2020年4月10日
Androidアプリから投稿

当時子供だった私!何十年たった今でも忘れられない!今となってはとてもリアルなストーリー!この世間の天災も映画の様に早く解決しますように‼️

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
Kayo

4.0地味だけれど知的な良く出来たSF映画だと思います。

2019年6月23日
Androidアプリから投稿

地味だけれど知的な良く出来たSF映画だと思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん
すべての映画レビューを見る(全12件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る