アルタード・ステーツ 未知への挑戦のレビュー・感想・評価

アルタード・ステーツ 未知への挑戦

劇場公開日 1981年4月25日
4件を表示 映画レビューを書く

上級シリアスギャグホラー

幻覚剤で自我が掻き消されるほどのショック体験をしてしまい
日常生活中もトリップ体験が頭から離れず
ドンドンのめり込んでいくと同時にノイローゼ状態になっていく感じ。

ラストには壮絶なトリップ体験をしてしまい
さすがの薬中主人公もこれはトラウマに‥
『バカだった。真理なんてもんはなかった。でももう遅い、、あの恐怖感が頭から離れない。すぐにでも押し潰されそうだ』
と、かなり弱気な発言(笑)

もう心が壊れそうになるくらいまで電波入りまくりの主人公に最悪なフラッシュバックを襲い、このまま死んでしまうのか?!
という場面、なんと主人公は腕力(笑)で妄想を振り払い、妻と抱き合いハッピーエンド!

途中の猿の大冒険もなかなか笑えます。
トリップ時の映像はなかなかのカタルシス。

なんとも言えない作品です。

たまねぎ なきお
たまねぎ なきおさん / 2017年6月20日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 怖い 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

困惑

正直何を楽しめばいいのか…と見終わってから困惑してしまいました。幻覚シーンが語り草になっているみたいですが意味不明な上に古臭くて何とも思えないし、展開も結末も言ってしまえば陳腐でなんとも…。80年当時のVFXの資料としては有用なのかも。

えら
えらさん / 2014年7月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  怖い
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

 カナザワ映画祭で見た。昔テレビで見てケン・ラッセルって面白い監督だなと思って他のを見たらさっぱり面白くなかった。この映画だけ特別面白かったのかもしれない。

 ヤクでラリったり水槽で瞑想したりしてみたい。原住民のヤクも楽しそうだった。

古泉智浩
古泉智浩さん / 2014年2月1日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

奇奇怪怪

1979年公開、伝説の奇奇怪怪映画。いや伝説は言いすぎか(笑)
主人公科学者が自らを実験台にし、ショボいタンクや幻覚剤を使って人類の起源にさかのぼる展開。
世界の創生からカワイイお姉ちゃんまで様々な幻想を見る主人公。なぜか本人の体も異変を起こし、猿へと還ってしまう。
『2001年宇宙の旅』にも通じる起源的描写、しかし現実と夢の狭間で葛藤する科学者も結局その妻との愛情で目覚める締め。まぁこの時代のSF作品だとストーリーはこんなもんかなって印象。確かに奇妙な映画だが、今見ると古さに安さも目につく。

テツコ
テツコさん / 2012年5月19日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

4件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi