アリゲーター

劇場公開日

解説

アメリカ中西部のある町を舞台に、人間を襲う巨大な怪奇生物と市警の腕利き警部との闘いを描く恐怖映画。製作はブランドン・チェイス、監督はTVドキュメンタリー界出身のルイス・ティーグ、脚本はジョン・セイルズ、撮影はジョセフ・マンジン、音楽はクレイグ・ハンドリーが各々担当。出演はロバート・フォスター、ロビン・ライカー、マイケル・ヴィンセント・ガッツォー、ヘンリー・シルヴァ、ディーン・ジャガーなど。

1980年製作/91分/アメリカ
原題:Alligator
配給:東宝東和

ストーリー

少女マリサは、小さなハチュウ類のペットを可愛がっていたが、父親があやまってトイレに流してしまい、そのハチュウ類はそのまま下水溝へと姿を消した。それから12年。アメリカの中西部の小さな町で恐ろしいバラバラ事件が発生した。何かに喰いちぎられたような無残な死体の数々が地下溝で発見されたのだ。やがて市警の腕利き警部デイビッド(ロバート・フォスター)が動き出し、レポーターが襲われながらもフィルムに残した証拠写真をもとに、下水溝一掃の大作戦を実行に移す。そして美しく成長し、ハチュウ類学者となったマリサ(ロビン・ライカー)に協力を求める。町中を恐怖の底に落とし入れたその怪物こそ、12年前に自分が失ったあのハチュウ類であることを、マリサは知るよしもなかった。とうとう地上にもその姿を現わした怪物を、市の権力者スレイド(ディーン・ジャガー)が、デイビッドを無視した無謀な作戦で捕えようとし、圧力を使ってデイビッドを警察組織からはずした。そのスレイドはガーデン・パーティの会場で怪物に襲われ、息絶える。マリサと共に自力で捜査を続けるデイビッドは、再び下水溝にもぐり、時限爆破装置を仕掛けた。そして、爆発の火柱と共に怪物は絶滅するのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

U-NEXTで関連作を観る

映画見放題作品数 NO.1(※)! まずは31日無料トライアル

※GEM Partners調べ/2021年10月|Powered By U-NEXT

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
オソレゾーン

フォトギャラリー

映画レビュー

3.5ワニ映画では一番かな。

2020年1月17日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

「アリゲーター」シリーズ関連作品