劇場公開日 2004年5月8日

母のいる場所のレビュー・感想・評価

2.01
0%
0%
0%
100%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全1件を表示

2.0紺野美沙子は当時45歳とは思えないくらい若く、きれい

kossyさん
2018年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ちょっと贅沢な老人ホーム。志は立派だけど、なぜか空しい。

 泉はシングルマザーで高校生の息子は不登校になっていたが、大検にも受かり自分の道を見出すまで成長した。やがて二人ともホームに入って母親の世話をする久野家。

 能を経験していた両親。父(小林)は大企業を定年退職。泉の兄も順風満帆といった雰囲気だったし、介護しなければならないといっても幸せな家族。ヘルパーさんたちも明るく何の支障もない。

 介護問題を考える入門編のような作りだけど、問題提起にはなっていない。幸せな家族の一人が大往生するだけとも思えるくらい。教育映画を作り続けてきた監督だけに、妙に政府から押しつけられた案内ビデオのようにすら感じるのだ。しかも富裕層向けの・・・介護がそんな楽しいはずがないじゃないか!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
「母のいる場所」の作品トップへ