母のいる場所

劇場公開日

0%
0%
0%
100%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

老いと介護をテーマに、老後の夫婦のあり方と親子関係を見つめたヒューマン・ドラマ。原作者の実体験に基づき、槙坪夛鶴子監督が、女性ならではの視点に立って作り上げた。親と子、介護する側とされる側が、「ともに輝いて生きる」ことが出来る環境とは何か。介護とはどういうことか、人間にふさわしい最後の居場所はどこなのか。豊かな人間性を育み、支え合う高齢社会の実現への方法を模索する家族ドラマ。

2003年製作/116分/日本
配給:パオ=母のいる場所製作委員会

ストーリー

フリーライターでシングルマザーの久野泉(紺野美沙子)は、この7年間、脳血栓で右半身不随になった母・道子(馬渕晴子)の在宅介護と子育て、そして仕事に追われている。20歳で家を出て、18年ぶりに実家に帰ってきた泉と、70歳まで仕事人間だった独断的で頑固な父・賢一郎(小林桂樹)とは、母の介護をめぐって終始喧嘩が絶えなかった。三人きょうだいの末っ子である泉は、幼児期の体験がトラウマとなり、「母に認めてもらいたい、見つめてほしい」という願望が、人一倍強い女性でもあった。能の「仕舞い」を舞う母に愛を求めてすがった4歳の泉を、母は冷たく振りほどいた。10歳の泉に不条理を説き、「あなたに結婚は向かないわよ!」と言った母。仕事人間で、家庭は妻に任せて、家事も育児も一切してこなかった夫に、妻としての役割を押し付けられた道子は、短歌を詠んだり「仕舞い」を舞うことで、必死に自分を生きようとしていたのだった。しかし、幼い泉は、母の苦しみを知る由もなかった。また、泉の小学生の息子・遼(片岡涼)はチック症になり、作文に「僕にはお母さんがいない」と書く。高校に入ると遼(細山田隆人)は、すぐに不登校になった。泉は取材先でユニークな有料老人ホームの施設長・悠子(野川由美子)に出会い、「介護はプロに任せてあなたは仕事をなさい」と言われ、母の入所を選択する。「NOを言わない」のがそこのホームの方針で、痴呆の人を、「お分かりにならない方」と呼び、酒もタバコも恋愛も自由。入居者もスタッフも、“ともにいきいき輝いて”暮らしている。やがて、そこでの暮らしで母は笑顔を取り戻し、ホームはかけがえのない「母の居場所」となる。一方、賢一郎は道子の介護を通して、結婚以来、妻と初めて向きあい、いつしか家事を取り仕切るまでに成長してゆく。そして、ホームの仲間にも支えられながら、妻との対等な人間関係を築き上げるようになろうとしていた。自分の生き方が定まらなかった遼もまた、ホームの若い男性ヘルパーとの出会いによって、母と同じ作家の道を歩み始める。そして泉は、母が若い頃に詠んだ短歌を目にして、初めて母の心の内を知るのだった。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

映画レビュー

2.0紺野美沙子は当時45歳とは思えないくらい若く、きれい

kossyさん
2018年11月11日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 ちょっと贅沢な老人ホーム。志は立派だけど、なぜか空しい。

 泉はシングルマザーで高校生の息子は不登校になっていたが、大検にも受かり自分の道を見出すまで成長した。やがて二人ともホームに入って母親の世話をする久野家。

 能を経験していた両親。父(小林)は大企業を定年退職。泉の兄も順風満帆といった雰囲気だったし、介護しなければならないといっても幸せな家族。ヘルパーさんたちも明るく何の支障もない。

 介護問題を考える入門編のような作りだけど、問題提起にはなっていない。幸せな家族の一人が大往生するだけとも思えるくらい。教育映画を作り続けてきた監督だけに、妙に政府から押しつけられた案内ビデオのようにすら感じるのだ。しかも富裕層向けの・・・介護がそんな楽しいはずがないじゃないか!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る