チルソクの夏

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
25%
49%
13%
0%
13%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

日本人の女子高校生と韓国人の男子高校生との、淡い恋の行方を描いた青春ドラマ。監督・脚本は「半落ち」の佐々部清。撮影を「岸和田少年愚連隊 カオルちゃん最強伝説 EPISODE1」の坂江正明が担当している。主演は「ピンポン」の水谷妃里。2003年日本映画監督協会新人賞受賞、文化庁映画芸術振興事業、文部科学省選定、青少年映画審議会推薦作品。

2003年製作/114分/日本
配給:プレノンアッシュ

ストーリー

1977年7月7日、釜山で行われた下関と釜山の親善陸上競技大会に、親友の真理、巴、玲子と共に出場した高校2年生の郁子は、同じ種目の韓国人青年・安大豪と恋をし、来年また大会で会おうと、チルソク(七夕)の約束を交わす。以来、ふたりは文通を通して絆を深め合うが、郁子の両親は韓国人との交際にいい顔をしない。それは、安の家族も同じことだった。やがて、安の手紙は途絶えるようになり、彼の母から文通を止めて欲しいとする旨の手紙が送られて来た。気落ちし、練習に身が入らなくなってしまう郁子。しかし、真理たちに励まされた彼女は、一年後、下関で開かれた大会で安と再会を果たし、楽しい一時を過ごす。そして、大学進学と徴兵を控える彼と4年後の再会を約束して別れるのだが、その後、それぞれの人生を歩き始めたふたりが会うことはなかった……。2003年、バブルの崩壊などで一時中止されていた大会が、10年振りに開催された。今は体育教師となり、大会の運営に携わっていた郁子は、そこで安と再会する。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

4.0わけありの関係だが

Takehiroさん
2018年1月30日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

萌える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Takehiro

5.0上野樹里最高だった

yanpakenさん
2015年2月18日
PCから投稿

楽しい

単純

最近のテレビでの上野樹里はパッとしないように思うが、デビューの頃はすばらしかった。仲良し女子高生3人組の中でおちょけた役回りだが、主役を食うずば抜けた魅力を感じさせる。天然の魅力というより、器用さや頭の良さが目立つように思う。

ストーリーは真面目そのもの、直球勝負だが、そこがまた上野樹里の魅力を際立たせている。まわりが真面目だから、「私、こんなんでいいですか?」みたいなとまどいが、ストレートに伝わってくる。コミカルな演技も控えめで、そこが女優の真摯な性格を浮き彫りにする。

主役の日本人高校生が韓国人高校生と密会する場面を、上野樹里は仲間の女子高生とこっそりと目撃する。ここがクライマックスのシーンだが、この場面に感激した上野樹里は泣きながら「なごり雪」を歌いながら2人を祝福する。このマンガそのもののシーンも上野樹里のおかげで持ちこたえてしまうのである。

ストーリーをすべて飲み込み、自身の演技で消化してしまう女優であった。今は少し残念だが、今後の展開に期待したい。評価は上野樹里だけに対する評価です。映画はどうっていうことのない普通の映画です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
yanpaken
すべての映画レビューを見る(全2件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る

他のユーザーは「チルソクの夏」以外にこんな作品をCheck-inしています。