仮面ライダー龍騎 MASKED RIDER RYUKI EPISODE FINALのレビュー・感想・評価

仮面ライダー龍騎 MASKED RIDER RYUKI EPISODE FINAL

劇場公開日 2002年8月8日
1件を表示 映画レビューを書く

龍騎の王道幕引き版!

冒頭は設定や詳細説明ほぼなしでスタート。まあ本編ファンしか劇場来ないだろーけど。まあ潔い!!

内容は本編より王道にライダーバトルしていた!浅倉さん・・・!

そして加藤夏希(霧島美穂)が私がこれまで見てきた平成ライダー史上かつてないくらい王道ヒロインしていた。ちゃんと綺麗で可愛いし。
去り際も切なくてヒロインとして完璧。

ストーリーに関しては本編最終回先に観たからどうしても比較しちゃうんだけど、劇場版の方が正統派(王道)のストーリーだと感じた。ライダーバトルは(文字通りのバトルとして)機能し、主人公は自分の暗部(のようなもの)を克服し(倒し)、ライバルと友情を築き、闘う。

本編は「仮面ライダー」のストーリーとしてより、「人間として」という側面が全面に出ていた気がする。
そして登場人物全員を「人間として全うさせる」ことに成功した凄まじい幕引きだった。ハッピーエンドなのに哀しみが混じり合った、複雑で、複雑ゆえに観る者にくっきり爪痕を残すラスト。
私はあの圧巻の本編最終回がやっぱり塗り替えられなかったなあ。

優衣さんの直接的な自決はなかなか辛いものがあるな。正ヒロイン自決て。。

あ、ところどころにアギトメンバーいたのが「おおお」となった。

あと、蓮くんの友だち宣言と突如始まったお兄ちゃんのオルガンには思わず突っ込み入れたよね。笑

ゆめ
ゆめさん / 2018年1月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi