ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎完結篇

劇場公開日

  • AmazonVideoで今すぐ見る
11%
45%
44%
0%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

Check-inCheck-in機能とは?

Check-in機能を使うにはログインが必要です。

新規会員登録

0/120文字

(連携設定はこちら

解説

喧嘩にあけくれる高校生達の青春を描く。「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズの第6弾。きうちかずひろの同名漫画の映画化で、脚本は「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎音頭」の那須真知子が執筆。監督は同作の那須博之、撮影は同作の森勝がそれぞれ担当。

1988年製作/90分/日本
配給:東映

ストーリー

ヒロシが警察を釈放されたある日、愛徳に丸野というホラ吹きが転校してきたが、均太郎に素性を見抜かれて一日で愛徳を去っていった。ある日、カブの五中とリョウの二中が縄張りをめぐって争い、それはそれぞれの先輩がいる愛徳と立花に飛び火した。立花が菊永なので、カブは翔子を通してトオルに援助を頼む。トオルはその気になるが、ヒロシは中学生の喧嘆に首をつっ込む気はなかった。菊永は愛徳に宣戦布告をしたが、愛徳はトオル派とヒロシ派が対立していてスッキリしない状態が続いていた。そんなとき丸野の極東高が修学旅行にやってきた。丸野は愛徳と立花の関係を知って、ぶつけようと企む。そしてトオルと菊永を拉致し、二人のガクランを相手高に送りつけた。スケートリンクで両高ぶつかる寸前にトオルと菊永が現われ、敵は極東であることを教えた。リンクでは愛徳・立花対極東の乱闘が始まったが、城東退学組の柴田や西、北高の前川、工藤らの加勢もあってトオルとヒロシはよそ者をやっつけた。

全文を読む(ネタバレを含む場合あり)

スタッフ・キャスト

全てのスタッフ・キャストを見る

Amazonプライムビデオで関連作を見る

Amazonプライムビデオ

30日間無料トライアル 月額500円で映画見放題

Powered by Amazon

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む

映画レビュー

3.5またアイドルソングで始まり稲妻走るオープニング

2016年10月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

単純

笑える

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
消されるのでもう公開しない
すべての映画レビューを見る(全1件)
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る