劇場公開日 1984年12月15日

Wの悲劇のレビュー・感想・評価

3.719
20%
56%
18%
3%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全19件を表示

3.5若手天才女優薬師丸ひろ子と実力派ベテラン女優三田佳子の丁々発止の演技合戦

kazzさん
2020年5月29日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

NHK BSプレミアムの放送で観賞。

薬師丸ひろ子と三田佳子の演技合戦が最大の見所。

薬師丸ひろ子と松田聖子のリアルタイム世代である私は、薬師丸ひろ子の主演映画は全部劇場で体験している。
彼女は爆発的なアイドル人気を得ていたが、最初から演技勘は天才的だった。この映画で演じた劇団研究生のような演技修行を彼女は経験していないのだ。
そんな薬師丸ひろ子が、遂に女優として高く評価されたのがこの作品である。

三田佳子の方はと言えば、私が子供の頃郷里のテレビで流れていた日本酒「土佐鶴」の時代劇仕立てのCMで、和装の女性の魅力を教えてくれた存在だ。

原作の夏樹静子の推理小説を作中の舞台劇にする大胆なアイディアは、公開当時も話題になった。
舞台上の母と娘が、それを演じるスター女優と劇団研究生の関係に重なる二重構造だが、現実世界の方を殺人事件にしなかったことで、意図せず掴んだチャンスをきっかけに「女優」の才能を開花させていく強かな主人公の姿を描くヒューマンドラマになっている。
更には、ベテラン三田佳子と天才薬師丸ひろ子の女優対決をも透かし見ることができる面白い仕掛けだ。

三田が情夫の腹上死の偽装を薬師丸に持ちかける場面、二人の掛け合いが見事だ。
必死に説得を図る三田の視線を避けようとする薬師丸は、茫然自失の体でありながら頭の中では計算を巡らせているようでもある。
窮地に陥った憧れの先輩を見捨てるのか、とんでもないものを自分で背負うのか、薬師丸の中に葛藤を見てとった三田の最後のひと押し…
「できるわよ。だって、あなた役者でしょ!」

そして、三田佳子の最大の見せ場がやってくる。
スキャンダル研究生を降ろすべきか多数決で決めようとするキャストとスタッフたちに向かって、持論を熱弁するシーンだ。
公演後の舞台の上という設定がこのシーンを盛り上げている。
「ヤスエさん、…そんなとき、女使いませんでした!?」

薬師丸ひろ子の一番の見せ場は記者会見のシーンだろう。
長い台詞を涙ながらに語るこのシーンで、薬師丸は女優としての評価を不動のものとした。
「…私のお金でジュースとハンバーガー…あの人とても喜んで…」

この後、三田佳子が三田村邦彦に真相を話す場面がある。記者会見を見て悔しかったと言う。
実際、この薬師丸ひろ子の芝居を見たとき、三田佳子はどう感じたのか聞いてみたい気がする。

役者の糧のために男と寝るとか、研究生たちが「処女」の役について議論したり、世良公則が自分を見つめるもう一人の自分に気づいて役者をやめたとか、当時としてもなかなかに臭い役者論が展開される。
やたらと女優を強調する三田と薬師丸の台詞も臭いのだが、女優がその台詞に命を与えるのだと明確に示している。
「顔をぶたないで!私、女優よなのよ!」
「女優、女優、女優、勝つか負けるかよ!」

一方で、劇中舞台劇の挿入は極めて部分的なのに原作の筋がちゃんと伝わるという構成の上手さもある。
舞台のシーンは、ほぼ、三田佳子の独壇場だ。

ライバル研究生役の高木美保は、薬師丸ひろ子よりも断然に美人だ。期待したのだが、女優として大成はしていない。昼の連ドラで一時脚光を浴びはしたが。
ところで、彼女に身代わりの偽装を話したのは誰か?
プレイボーイの三田村邦彦が高木美保にも手を出したのだろう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
kazz

4.0酔って絡むひろ子

Kjさん
2020年5月25日
iPhoneアプリから投稿

初見だと思うが三田佳子のイメージがはまりすぎてて初見に思えない。やはりすごい存在なんだなと感慨深い。ここがぶれてしまうと主人公の進む道がよこしまになる。大人の世界をひとりで体現して受けとめる大きさ。
劇中劇どころか現実世界を含めた多重構造で、最後の方の展開の盛り方は大味ですらあるが、ラストの薬師丸ひろ子の泣き微笑みのワンショットに沈黙。そして主題歌が素晴らしい後味。
未だ二十歳なんだよな…

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
Kj

4.0原作を劇中劇に。なるほど考えましたね。この改編で本筋は薬師丸ひろ子...

2020年5月19日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

原作を劇中劇に。なるほど考えましたね。この改編で本筋は薬師丸ひろ子の青春映画に。非常に上手くできてました。薬師丸さんはラッキーガールですね。
三田佳子が素晴らしい女優だった。今まで謝罪会見の痛々しい姿しか印象になかった(笑)
ミステリーの「Wの悲劇」は面白いのだろうか。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
はむひろみ

3.5歌声が好き

光陽さん
2020年5月12日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

薬師丸ひろ子さん演じる劇団員の静香がどんどん女優として成長していく物語。
映画本編と劇中劇を被せていくストーリーの構成が面白かったです。
薬師丸ひろ子さんの歌声(エンディンク曲)、好きだなぁ~。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
光陽

3.5見応えある

雨音さん
2020年5月11日
Androidアプリから投稿

知的

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
雨音

4.0薬師丸ひろ子の喋り方が好きだ。ラストシーン痺れた

2020年3月5日
iPhoneアプリから投稿

薬師丸ひろ子の喋り方が好きだ。ラストシーン痺れた

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
コーヒー

5.0Wの悲劇のもうひとつの意味

あき240さん
2019年10月30日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

日本版イヴの総てともいうべきものでありました
感動しました
ラストシーンのカーテンコールで思わず自分もまた拍手をしてしまいました
正直、舐めてかかって観始めたことを懺悔します
ごめんなさい、紛れもない傑作でありました

和辻家の悲劇とウイメンの悲劇にかけての題名だと劇中で説明されますが、もちろん、もうひとつの意味が有ります

それはダブル、つまり二重性です
いつしかどちらが本編かと錯覚してしまう劇中劇
そして本当の二重性とは演技をしている自分を見つめているもう一人の自分という二重性ということです
そこに本作のテーマがあります

本当の女優としての薬師丸ひろ子の誕生だけでなく、世良公則も、三田佳子だって本作によってステップアップしたのではないでしょうか?
それでいて、二十歳の等身大の女性の姿が瑞々しくフィルムに焼き付けられています
彼女がそこに確かにいたことを感じる程に

こそには初体験の性、安全日周期、妊娠といった
若い女性だからこその現実も的確に描かれているのです

久石譲の劇伴も素晴らしくクオリティが高く、本編にマッチしているだけでなく気品を与えています

忘れていた二十歳の頃の熱い情熱がよみがえります
今もこのような青春が下北沢の居酒屋に有るのかも知れません
手の届きそうで結局届かない天井のポスター
下北沢のどこかの居酒屋の天井にもポスターが貼ってあったような気もします

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
あき240

5.0タイトルなし

2019年10月9日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

11月のBSプレミアムでドラマ版の放送に先駆けでオリジナル版を観ました。
舞台が終わった最後の方で、主人公(薬師丸ひろ子)を刺そうとしたところ男性(世良公則)がかばうところにあっと思いました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
HIDE Your Eyes

3.5顔ぶたないで

なおさん
2019年7月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

劇場公開時に『ゴーストバスターズ』と迷ってコッチ(と『天国に一番近い島』)を観た。原作は未読だが作中作で使うという大胆な組み込み方でうまい。女優になっていく主人公と薬師丸ひろ子自身をダブらせて観るといい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
なお

4.0私、殺してしまった!お祖父様を刺し殺してしまった!

2019年5月19日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
もーさん

4.5その後の三田佳子の時代の幕開けとなった作品

Roronさん
2018年10月1日
スマートフォンから投稿

話の概要は覚えていたのだけど、公開当時の自分は子供で、今回改めて見るまでこの作品の本当の価値と素晴らしさを分かっていなかったと思う。脚本も演出も良く出来ている。

薬師丸ひろ子は演技をしごかれて相当苦労したのだろうなというのが伺い知れる。そしてそれに応えて、女優として一皮も二皮も剥けている。

もう一つ、この映画の白眉は、三田佳子という女優の存在の認識にあると思う。

三田佳子って、それまでは芸能界での存在感が薄かったと思う。それが、彼女がこの映画で演じた「女優」で、私達はその演技力と存在感に圧倒され、魅了され、その後の三田佳子ブームに繋がったのだと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Roron

3.5女優

everglazeさん
2018年1月15日
iPhoneアプリから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
everglaze

0.5薬師丸ひろ子の観賞用ビデオ

2018年1月3日
PCから投稿

寝られる

ストーリーじたいは良かったのですが、 とにかく間延びした展開が うざかったです。 いたるところに [薬師丸ひろ子の観賞用ビデオ] のようなシーンが挿入され、 それが うっとおしかったです。 最初から [この映画は薬師丸ひろ子の観賞用です] と注意書きを入れてほしかったです。 30分の総集編にまとめたら、 それなりに楽しめたとは おもいます。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です

4.0薬師丸ひろ子と言えば・・・

2016年7月17日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

泣ける

楽しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
kita-kitune

3.5バブルを感じた

Kさん
2016年6月27日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

映画好きの母が定期的に見返しているということで気になっていた。
ストーリーはただただスタンダードだし特に感動することもないのだが、雰囲気が何よりもいい映画だった。私がまだ産まれる前の母が働いていた時の時代の雰囲気を濃く感じた。服装、街、メイク、雑貨。
母が何回も見るのがよくわかった。
演技面で言えば、三田桂子の演技が周りよりも頭ひとつ抜けているのは明らかなのだが、よりも高木美穂の演技に目が釘付けであった。もっと見たいと思わせる演技であった。薬師丸ひろ子は女優として熟成前という感じ。
自分の中でバブル期の映画が時代遅れという立ち位置ではなく、クラシックという立ち位置に変わってきている。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
K

3.5意外に面白かった

2015年5月28日
PCから投稿
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ジョニーデブ

4.5名シーンばかり

2014年11月14日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

楽しい

前から薬師丸ひろ子の歌は知っていたのですが
あまちゃんでオマージュされていると聞き
映画も見ることにしました。
めっちゃ面白いです。
そして、名シーンばかり!
古い!と言われそうですがおすすめしたい作品です。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
タテスジコ

4.5震えがくるほど面白い

2014年11月5日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

悲しい

楽しい

興奮

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 3 件)
古泉智浩

4.0女優誕生の裏側

Cape Godさん
2013年11月18日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 2 件)
Cape God
「Wの悲劇」の作品トップへ