切腹のレビュー・感想・評価

メニュー

切腹

劇場公開日 1962年9月16日
11件を表示 映画レビューを書く

仲代達矢と三國連太郎を見るだけでも価値あり

基本的に自分は若き日の仲代達矢が非常に好きなので、彼の見事な演技を見ているだけで非常に満足なのだが、それに加えて若き日の三國連太郎の見事な演技が加わり、両雄相対して見事な時代劇だった。
白黒らしく重厚で濃密な映像で、終始見入ってしまった。
丹波哲郎の侍姿も非常に合っていた。
殺陣などには若干の不満はあったけれど、それがメインではないので、やり過ごせた。
物語には合点がいかない不自然さを感じてしまったけれど、構成がなかなか巧妙なのか、かなり話の展開を意識しながら見ていたように思う。

SH
SHさん / 2018年10月3日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

切腹

映画があなたを誘惑する最初の感情は、強力な武士の一族の中にあるこの厳しいドラマの息をのむような、閉じた性格です。ほとんど不動のフレームは、何も呼吸しない崇高な視覚俳句からなる窒息感と深刻さの感覚を強める(主人公とナレーションの記憶を除いて)。映画の演劇的側面は不可欠であることを示している。したがって、映画のメッセージは簡単に解読できます:閉じた古風な社会の基礎をなす原則の妥協のない批判です。一族に救済を求めるために来た貧しいロニンの貧しい運命を目の当たりにした後、私たちはそれぞれの人と各状況の既得可能な特異性を考慮に入れずに、名誉綱領の馬鹿げさと頑固さの実証にまっすぐ進みます。問題は負荷の重さです。イメージが私たちに語っていることをすでに理解しているときには、すべてが強調されています。ダイアログは単調で、時には無限大です。このような理由から、大気圏に入ることが許されている演劇的側面は、どこからでも水のように流れるすべての言葉に影響を与えます。あまり緊張することなく。柔らかすぎます。しかし、全体の華麗さが残っています。稀少な強さのシーンが巧みに演出されています : 風に吹かれた丘の決闘は、すべての最後の戦い、木製の刃を持つ残酷な切腹。

Fayçal
Fayçalさん / 2018年9月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

面白い

明快なストーリー。キレのあるドラマ

切れないもので切ろうとする。
良くも悪くも、とても心に残るシーンだった。

もりり
もりりさん / 2017年8月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

記憶通り面白かった

50年近く前に観た記憶があり、とても面白かったのだが、今回も裏切ることはなかった。
江戸屋敷の玄関で腹を切らせてくれ、と頼み小銭を稼ぐ浪人が多かった。
最初に登場した浪人(石浜朗)も同じだったが、訪ねた屋敷が悪かった。
同じ屋敷に次に登場した浪人(仲代達矢)は切腹する前に身の上話を聞いてほしいという。
スリリングな展開で、現代にも通じるテーマを抉り出した傑作だと思う。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2016年12月1日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

●武士とは。

浪人が切腹のために武家の庭先を借りる。腹を切られる方はたまったもんじゃない。ゆすりなのか本気なのか。
かつてそういう時代があった。意地の張り合いである。
意地を張った上で、竹光で切腹する。介錯もしてもらえず、舌を噛み切って果てる。

これぞ武士道。

彼の無念を晴らすクライマックスは痛快。ラストの井伊家の判断も見事。
いずれも見事だけれど、武士の面目など、表面などを飾るもの。

うり坊033
うり坊033さん / 2016年7月23日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

BSプレミアム

日本のチャンバラは藝術だね
役者の集中力が違う 迫力?迫真?存在感ハンパない
こんなに若い三國連太郎…別の人みたい

それにしても井伊家、巻き込まれ~~~災難~~~(笑)

mamagamasako
mamagamasakoさん / 2016年7月21日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

砂のプライド ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

誇り高きあるべき武士故の苦労が伝わる作品でした。

内職と寺子屋でやりくりしてきた貧しい浪人生活。武士たる者物乞い等もってのほかと思いつつも、背に腹はかえられず、武士の魂である刀を質入れし、潤沢な藩の情け心に何とか訴える手段に出る主人公の婿。彼は自分の誇りよりも、床に伏す妻と乳呑み子の命を選びました。そんな婿の心情を知るまでは、主人公自身も、生まれたばかりの孫に武士の心意気を言いながらあやしたり、帯刀し続けたりしています。婿の変わり果てた姿を前に、武士の誇りも命あってこそなのだと気付かされたのでしょう。

婿の事情を知らされるタイミングが、井伊家と観客同時進行なので、こちらもそれまでどんな目で、彼の武士としての立ち振る舞いを見ていたかに気付かされます。

勇ましく命を捨てることを美意識とし、戦前まで声高らかに叫ばれていた精神論に疑問を投げかける作品です。嘘で塗り固めた面子を保つことに何の意味があるのか。何よりも人間らしく生き抜くことが大切なのだという点は、いつの時代にも通じると思います。

鬼気迫るサスペンス時代劇といった感じで引き込まれました。終盤の殺陣は、いかにも昭和のチャンバラで、必殺技ポーズ?さえなければなぁと思いました。最初から唯一情け深かった側近だけ、斬り合いを見事免れていました。

でも字幕がないと全く聴き取れず2回観ました。

everglaze
everglazeさん / 2016年7月19日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

終始画面から伝わる迫力に釘付けだった。

終始画面から伝わる迫力に釘付けだった。

自由の座
自由の座さん / 2015年5月3日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

時代劇も案外いけた

モノクロ・時代劇ということで毛嫌いしていましたが、みなさんの評価が高かったのでみてみました。ストーリーはなかなかおもしろく、役者の方々の演技もすごかったのですが、殺陣がいまいちだったのと、後味が悪かったのでこの評価です。

ちびちょ
ちびちょさん / 2014年11月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

小林正樹は苦手です

岩下志麻が尋常なくきれい。
ほとんど台詞もない役だけど鮮烈な美しさで圧倒される。

あと丹波哲郎が驚く程かっこいい。
己を貫く彦九郎には共鳴できる。

だけど苦手な映画だなあ。
武士道 VS 人間らしく生きる
体制 VS 反体制
という対立軸が分かり易すぎてどうも苦手。
どっちもどっちって気がしてならない。

小二郎
小二郎さん / 2013年6月29日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

武士の体面の不条理と死の覚悟 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合:85点
ストーリー: 85
キャスト: 85
演出: 90
ビジュアル: 65
音楽: 65

 張り詰めた緊張感。義にかられてそうせざる得なかった一人の浪人。もちろんただの切腹が目的なのではなく、どうしてもやらなければならない何かがある。敵中に一人乗り込み、時に抜刀した武士に回りを取り囲まれた中で、話をすると称して貫き通すその強固な意志。最初から死を覚悟したうえでの行動とはいえ、その堂々とした勇気ある態度と凛とした姿には心打たれる。
 侍といえども所詮は人間。厳しい社会情勢の下で浪人となり、喰えなくなれば背に腹は変えられず、誇りを捨てて意地汚いこともしなければならない。安定した名藩に勤める武士たちはそんな浪人を見下して軽蔑する。たかりをしてくるような者たちに嫌気がさす気持ちはわかるが、自分の優遇された立場に安住し優越感に浸っているからの感情とも言える。そして必要以上に残酷に人の命を弄んだ。そして武士の体面を取り繕い守ろうとする武家社会の暗部が描かれる。
 体面を守るために現実にも多くの不条理があったことだろう。全体として暗くて救いのない悲劇なのだが、悲しさと厳しさがこの映画を見ていて心に突き刺さってくる。感情をえぐるような演出が緊迫感の中に満ちている。

 斬り合いの場面、もう少し現実感が欲しかった。やはり多勢に無勢、本来ならばあっという間に圧倒されるはず。集団で斬りかからず戦わずに後ろで待っている武士がたくさんいるのは緊迫感が薄れる。実戦経験豊富な津雲半士郎がどうやって集団相手に戦うのかをもっと現実的に見せてもらいたかった。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月16日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

11件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報