劇場公開日 1973年1月13日

「無尽蔵なエネルギーのぶつかり合いに衝撃を受けっぱなし」仁義なき戦い ぐうたらさんの映画レビュー(感想・評価)

採点する

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

4.5無尽蔵なエネルギーのぶつかり合いに衝撃を受けっぱなし

2018年1月31日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

興奮

この邦画界における傑作を今改めて鑑賞すると、そもそもの物語が『この世界の片隅に』のラストシーンで描かれた呉の闇市からスタートすることに驚かされる。菅原文太が初めて人を殺めるこの街のどこかに、あのすずさんたちが微笑みながら佇んでいるのかと思うと、なんだか不思議な感情がこみ上げてやまない。思えば、深作監督によるこの伝説的シリーズは、戦後の復興期の中で「騙し騙され、裏切られ、利用され」を繰り返しながら、何とかこの世界の仁義を守り通そうとする男の生き様を描いた物語だった。シリーズ一貫して、この映画のタイトルバックにはいつも広島の原爆ドームとキノコ雲。本作も『ゴジラ』と同じく、戦争や原爆の記憶を踏まえながら、行き場のないエネルギーが無尽蔵に衝突を繰り返す過程を描いたものだったのだろう。深作、笠原、菅原のみならず、昨年は松方や渡瀬も逝去した。しかしこの映画に刻まれた爆発的エネルギーは永遠に死なない。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
ぐうたら
「仁義なき戦い」のレビューを書く 「仁義なき戦い」のレビュー一覧へ(全31件)
「仁義なき戦い」の作品トップへ