しびれくらげのレビュー・感想・評価

メニュー

しびれくらげ

劇場公開日 1970年10月3日
2件を表示 映画レビューを書く

☆☆☆★★★ エヘへへへへ…って事で、玉川良一のクズっぷりが素晴ら...

☆☆☆★★★

エヘへへへへ…って事で、玉川良一のクズっぷりが素晴らしすぎる。
いや!それだけではなく、登場人物達全員がクズの集まりだ!それはそれはもう潔いい程だ!

但し、そのクズの中にも人間の純粋さがほんの少しだけ垣間見れる、ここに増村演出の真骨頂が隠されている。

とにかく馬鹿な父親役の玉川良一が素晴らしく。肝心のヒロイン役である渥美マリは、台詞や容姿を含め、ちょっとずつだけど「なんだかな〜!」…的なところは有るのだけれど。最後の最後に来て、とことん堕ちて行く悪女役で悪くない。

そりゃ〜、増村=若尾による過去の黄金コンビと比べてしまっては、元も子もない。
この作品が製作された時期は。最早黄金コンビにより傑作が生まれた時とは、社会通念や風俗的な事とかの諸々が違う時代。いつまでも着物がはだけるだけの描写では通用しなくなっていた時代なのだから。
その為に、作品自体が幾分か通俗的になってしまっているのは、致し方無いと思うのだ。
だからと言って、監督増村保造の演出力が衰えた…的な扱いを今日受けているのは「ちょっと違うのじゃないか?」と思ってしまう。

2018年2月9日 新・文芸坐

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2018年2月12日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

下着姿をとにかくうつしたかったのか? ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

見終わったあとに調べてみると、軟体動物シリーズのひとつで、
でんきくらげから見たほうがよかったな~!と思いました

増村監督の作品、最近観だしたばかりなのですが
この作品はあんまり軽快さというかテンポの良さがなかったきがする

とにかく主人公の下着姿や濡れ場をうつしたい熱意はつたわってきた
お色気でシリーズ化していってしまっていたから仕方ないんだろうけど

女性が自分の体をつかって成り上がっていくシリーズとなっている割に、言うほど体つかってる?成り上がってる?って思ってしまいました
主人公の女優さんは映画界ナンバーワンのオナペットとか、DVDの解説に書いていておいおい…と思いましたが
言うほどセクシーシーンはたいしたことない
映倫とかが厳しかったんでしょうか

増村監督の映画はいろいろ見ようとしているのですが、
このシリーズはもういいかな…

とば
とばさん / 2016年4月18日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi