劇場公開日 1975年3月15日

「本多猪四郎、伊福部昭コンビが帰ってきた!」メカゴジラの逆襲 kossykossyさんの映画レビュー(感想・評価)

3.010
3%
42%
42%
3%
10%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0本多猪四郎、伊福部昭コンビが帰ってきた!

kossyさん
2019年5月22日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

 前作『ゴジラ対メカゴジラ』ではメカゴジラのヘッドコントロールを修理した宮島博士役の平田昭彦。今回はチタノザウルスを発見提唱したため学会から追放された真船博士を演じている。生家は金沢らしいのですが、そのシーンは無かった。

 チタノザウルスが超音波に弱いことを発見した調査船。防衛隊の協力を得て強大な超音波装置を開発するのだが、ひそひそ話を聞かれたために配線をボロボロに。そうして第三惑星人はゴジラを探知するスーパーガイガー探知機を完成させ、メカゴジラとともに東京を襲うのだった。

 悲恋と言われるのはサイボーグの桂(藍とも子)と一ノ瀬(佐々木勝彦)。メカゴジラの起動装置を桂の頭に繋げるという残酷さは第三惑星人ならではの発想。「いいんだ。たとえサイボーグでも、僕は君が好きだ」という台詞にはちょっとウルっときてしまう。

 この後、ゴジラ映画は9年間作られてないことから、最後に海へと去っていくシーンは感慨深いものがあった。また、平田昭彦がオリジナル『ゴジラ』での芹澤博士を演じ、今作では日本を破壊するという真逆のスタンスで真船博士を演じたのも興味深いところでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 5 件)
kossy
「メカゴジラの逆襲」のレビューを書く 「メカゴジラの逆襲」のレビュー一覧へ(全10件)
「メカゴジラの逆襲」の作品トップへ