劇場公開日 1966年4月17日

大怪獣決闘 ガメラ対バルゴンのレビュー・感想・評価

3.37
0%
68%
23%
9%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全7件を表示

2.0亀対トカゲ

散歩男さん
2019年12月4日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

予想外の何だか渋めなお話。舞台はまずニューギニア部落で土人が登場(そういう描写が普通に出てくる)。ある石を巡る話で中々に個性的なプロット。

バルゴン登場シーンは中々に素晴らしい。でも目が可愛い過ぎw 戦車も戦闘機をサクサク登場して展開が速い。報道や司令部の描き方も抑揚が効いてて渋い。何度も対怪獣作戦を描くという硬派っぷり。シンゴジラはこの作品をチェックしているのでは?と思ったよね。

ただガメラとの対戦シーンは重力が無い如くフワフワ気味。結末もアッサリ。ガメラはどっか飛んで行っちゃったきりで完。それでいいのかw
完成度は高くはないけれど、ただの子供向けでない内容は一見の価値あり、かもです。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
散歩男

3.5はじめの方は怪獣出てこなくてオパールで金儲けしようとする人間の話。...

yonda?さん
2019年10月25日
スマートフォンから投稿

はじめの方は怪獣出てこなくてオパールで金儲けしようとする人間の話。バルゴン登場シーンはかなり良い。ひと暴れしたのちまた人間の話。水虫オノデラのせいでバルゴンが急激にデカくなったとわかる。ダイヤ作戦もオノデラの欲望に阻まれる。

人間ストーリーはバルゴンなんとかしようと考える江波杏子とサイコパス・オノデラが大暴れてひっかき掻き回すみたいな。人間欲の皮はあんまりつっぱるもんじゃない。というラスト。

1回目のダイヤ作戦失敗で揉めたりとか人間の醜さに対して教訓めいた内容。全体的には良かったけど、カタコト日本語が全然安定てしないのと、中途半端に仄めかすラブ要素ちょっと入ってるところが✖︎すっきりしない。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
yonda?

4.0学校の黒板いっぱいにバルゴンを書いた日々を思い出す…

2019年6月2日
Androidアプリから投稿

昭和ガメラシリーズ最高傑作だと思うけどな。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

4.0黒部ダムが壊滅的被害・・・この2年後に『黒部の太陽』が作られたのは皮肉なのか。

kossyさん
2019年4月28日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

 物語は急展開して、ニューギニアのジャングル。“土人”という言葉が平気で使われていることに時代を感じる。洞窟のある虹の谷へは行くなと土人たちに引き留められるが、強引に道を進む探検隊もどきの3人。川尻は毒サソリにやられ死に、小野寺(藤山浩二)が宝石を奪って逃げ、まんまと置き去りにされた平田だったが、見つけたオパールと思ってたモノは宝石ではないのだと聞かされる。あわじ丸で一人日本に帰る小野寺は水虫のため赤外線治療するが、それが宝石だと思っていた物体からバルゴンが産まれる・・・

 神戸に現れた怪獣バルゴン。そのトカゲの怪獣の口から吐き出す液体は一瞬にして万物を凍らせてしまうのだ。しかも背びれからは虹色の光で攻撃。その光に反応して大阪上空にガメラが登場。炎対氷といった構図も面白いが、白と黒の背景に光る虹はとても奇麗。そして、あっけなくガメラは凍ってしまう・・・

 水に弱いため、5000カラットのダイヤを湖に沈め、バルゴンを誘導する作戦。カレン(江波)がニューギニアの部落から持ってきたことにも驚きだ。しかし最初は失敗。殺人光線によってダイヤの光を増長させるしか方法がなかった。しかし・・・

 平田の兄夫婦も殺した殺人鬼となってしまった小野寺。ガメラ対バルゴンよりも、平田対小野寺の方が迫力あった。宝石に目がくらむ愚かさといい、暴力的になってしまうところといい、怪獣よりも恐ろしいのは人間。琵琶湖に沈めるための時価200億円のダイヤにも小野寺が反応してしまうのだ。ダイヤを奪った哀れ小野寺はバルゴンに食べられちゃった(笑)

 失敗を続けた作戦・・・最後にとったのはバックミラー作戦。虹を出させて自滅させる。しかし、それもダメ。そうこうするうちにガメラが復活して湖に誘ってくれた。結末まで、なんだかな~という展開だったけど、B級探検ものもあり、人間の欲深さを思い知らされる映画でもあった。平田とカレンの暗いがほのぼのとした恋愛を予感させるエンディングも・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.5アダルティーな雰囲気

syu32さん
2018年10月11日
PCから投稿
鑑賞方法:TV地上波

楽しい

興奮

 「ガメラ」シリーズ第2作。

 小学生の頃、サンテレビの「アフタヌーンシアター」で放送されていたのを鑑賞しました。もちろんビデオに録画して何回も観ました。

 本作の大きな特徴は、全編通して子供が一切登場しないことです。ガメラが子供を助けるといった描写も存在しません。
 主人公とヒロインの大人な恋愛模様があったり、悪人が殺人を犯す場面もあって、「昭和シリーズ」で唯一アダルティーな雰囲気が漂っている作品です。
 そういうこともあってなのか、ドラマ部分になると劇場内を退屈した子供が走り回ったりしたため、次回作から再び子供中心の作劇になったというエピソードがあるそうです。

 大人になって観返すと、ドラマシーンも特撮シーンも確かに昭和シリーズの中で一番観応えがあるように思いました。全体的なバランスが取れていて、ストーリー展開が上手いのではないでしょうか?
 当時の大映のスター俳優である本郷功次郎が出演しているので、ドラマ部分に締まりがありました。大作であることがひしひしと感じられました。最初は怪獣映画に出演するのが大層嫌だったとか…。仮病を使って病院に引き籠もっていたところを大映の社長に無理やり引きずり出されたそうです(笑)

 特撮面では神戸や大阪の街を蹂躙するバルゴンの描写が大迫力。
 光学合成を多用したユニークな虹色殺人光線など、後のガメラ映画の敵怪獣にも踏襲される特徴的な武器が本作から登場しています。
 兵庫県出身なので、関西方面が舞台となると無条件で嬉しくなってしまいます。昔の街並みを知る機会にもなるので大変興味深いものがありました。

 ガメラが敵怪獣に一度は敗北するも、リベンジ・マッチで大勝利を収めるという基本図式が本作ですでに完成しています。
 大阪城もろとも氷漬けにされてしまいますが、琵琶湖で再戦しバルゴンの弱点を突いた戦法で戦います。バルゴンの鳴き声が独特で断末魔が強烈な印象を残しました。
 1作目が東京、2作目が大阪が舞台になっているというと、さながら「ゴジラ」シリーズをなぞっているようで面白いなと思いました。

 昭和シリーズで一番と言っていいほど人類が怪獣対策を頑張ります。バルゴンの進行を阻止し撃滅するため、その習性を研究し様々な作戦を展開します。“バックミラー作戦”が秀逸です。名称がユーモラス(笑)

【余談】
 人間の底知れぬ欲望の醜さが描かれていて、因果応報な結末を迎える悪人に子供ながらに衝撃を受けたことを覚えています。こんな大人にだけはならないでおこうと心に決めましたが、果たして…とても心配です(笑)

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 2 件)
syu32

2.5大きく育ったもんだ

2018年8月8日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

笑える

楽しい

単純

ニューギニアの洞窟で見つけた巨大なオパールに、誤って赤外線を照射してしまい、怪獣バルゴンが登場する。
一方、火星に飛ばされたガメラはカプセルに隕石が衝突、地球に帰ってくる。
人間の攻撃を待っているバルゴンがいじらしい。

コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
いやよセブン

3.5意外とおもろい

棒人間さん
2017年8月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

わりと大人向けなお話。多少の恋愛要素とメッセージ性を含んで若干濃いめなストーリー。
全体的にハラハラ感があっていい

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
棒人間
「大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン」の作品トップへ