踊る大捜査線 THE MOVIEのレビュー・感想・評価

踊る大捜査線 THE MOVIE

劇場公開日 1998年10月31日
7件を表示 映画レビューを書く

事件は現場で起きてんすよ、やっぱり。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

「踊る大捜査線 THE MOVIE」シリーズ第1作。
シリーズ全作品をDVDとBlu-rayで揃えました(笑)
それほど「踊る大捜査線」が大好きです。
公開当時は幼稚園の年中さんでした。
なので本格的にこの映画を観るのはもっと後で、小学校2年生くらいだったかと思います。
最初はストーリーが殆ど分からなかったので、クライマックスの青島くんが刺されるシーンばかり真剣に観ていました。
たぶん人生で初めて観た主人公が負傷してしまう作品だった気がします。それだけ衝撃が大きかったのです。
今観てもそのシーンが近付いてくると、胸がざわざわして落ち着かなくなります(笑)
小泉今日子演じる日向真奈美がサイコ過ぎですね。今観てもめちゃめちゃ怖いし不気味です。あのキョンキョンが「手術してやろうか」ですもんね(笑)

副総監誘拐事件、猟奇殺人事件、署内窃盗事件という3つの難事件に振り回される湾岸署の面々の、史上最悪の3日間を描きます。
伏線がきちんとしていて、さりげない挿話が後々の展開の鍵を握っていたりするので、さらさらと観ていては観逃してしまいます。
捜査陣を嘲笑うかのような意外な犯人像がポイントです。
当時普及し始めていたインターネットという仮想空間が現実世界と密接に交わり始め、本作のような事件が生まれてしまいます。
日本の将来暗いな、と思わせておいて力強く再起しようとする青島くんの姿に、一縷の希望を見出すことができます。
テレビドラマの延長戦という感じは拭えませんが、随所に映画的な演出がありスタッフやキャストが楽しみながらつくった作品なのだなとこちらまで楽しくなってきます。

何回観ても楽しめるのは本筋やテーマをきちんと理解した後でも、小ネタを探す楽しみがあるからだと思います。
よくよく目を凝らして観ると、「あんなところにこんな人が!」という発見や「あれがここにもいた!」みたいな発見もあり、そんなネタや本広克行監督作品に付きもののリンクを探してみるのも楽しみのひとつですね。

syu-32
syu-32さん / 2018年7月25日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

いかにも

フジテレビな映画という印象。
フジテレビが映画会社になったのこれがきっかけでしたっけ?

肉ネ~ム
肉ネ~ムさん / 2018年3月17日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

事件は、現場

思い出しレビュー22本目。
『踊る大捜査線 THE MOVIE』

思えば、昨今の邦画のスタイルを確立させたと言ってもいいかもしれない。
TV局主導、TVとのミックス、過剰な番宣、客媚び…。
賛否あるだろうが、それでもこの劇場版第一作目は面白かった。それは今でもそう思う。

TVシリーズは見ていて、確かに今までに無いような刑事ドラマだなとは思ったが、まさかその後映画になってメガヒットシリーズになろうとは誰も思わなかっただろう。
単なるTVドラマの劇場版じゃなく、上々のエンターテイメントとして作られている。
最近は珍しくもないが、カメラアングルとかテンポのいい編集とか音や音楽の入れ方など、ハリウッド風。当時、ハリウッド・エンタメ風の日本映画なんて無かった。
警視庁ご一行様が大挙して湾岸署にやって来るシーンに流れる、ハンス・ジマー風の音楽には失笑したけど。ここまで真似するか!(笑)

湾岸署内で同時に起きた3つの事件、湾岸署最悪の3日間…!
全てが巧みに交錯したってほどでもないが、ストーリーはなかなか練られ、伏線も張られ、よく出来ていたと思う。
ゲスト小泉今日子の怪演は出色だし、副総監誘拐の真犯人も警察のてんやわんやを愚弄する意表を付くものだった。
代名詞とも言うべき、人間模様。キャリアとノンキャリア、事件は現場で起きている。時にコミカルに、時に熱く、ドラマも見応えある。
刺された青島が殉職?…みたいな昨今の邦画の思わせ振りと強引な泣かせも本作に始まった事、かも。

小ネタの数々も楽しい。
特に本作は、『天国と地獄』。
製作中に訃報が報じられた巨匠の名作へのオマージュ・シーンにニヤリ。

日本映画史に記録を刻んだこのシリーズも、2012年に完結。
何だかんだ言ってもうシリーズが見れないのはやっぱり寂しい気もするが、ダラダラ続けるよりかはいい。
青島たち湾岸署の刑事は、今日も現場を駆け回ってるに違いない。

近大
近大さん / 2018年2月16日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD、TV地上波、CS/BS/ケーブル、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

素晴らしく大好きな映画ですが今後の期待を込めて★1です。

素晴らしく大好きな映画ですが今後の期待を込めて★1です。

J&J
J&Jさん / 2017年10月20日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  笑える 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

わくわくする映画です

先週の日曜日に私は友達と一緒(いっしょ)に踊る(おどる) 大捜査線(だいそうさせん)という映画を家の近くにある映画館に見に行きました。この映画に織田(おだ)さんという俳優(はいゆう)が出ます。私の友達は織田さんが好きなので、織田さんの映画を見るために見に行きました。この話は東京のお台場(だいば)にある警察(けいさつ)の話です。本当の話ではないけれど、本当にこんな警察(けいさつ)がいたらいいと思います。アクションだけではなく、笑いもあるから楽しいです。それから音楽もいいし、織田さんもかっこよかった!私もファンになりました!最初から最後までおもしろい映画です。今まで見たポリス映画の中で一番好きな映画です。ポリス映画にあまり興味(きょうみ)がない人でも、見に行くことをおすすめします。

FilmFan90
FilmFan90さん / 2013年7月13日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ここぞというときに上手に裏切られる

総合:75点
ストーリー: 70
キャスト: 75
演出: 70
ビジュアル: 70
音楽: 80

 必ずしも真面目に描いているわけではなく、真剣なここぞというところで喜劇にしてしまう裏切りがある。適度に笑いを取り入れて気軽に見られる娯楽であると同時に、犯罪と警察内部の権力構造の矛盾を取り入れて、その笑いと真面目さがちょうど割合よく混ざっている。ドリフターズで活躍したいかりや長介が、いろんな経験をもった引退間近の老刑事を演じるとこんなにもはまるものかということを発見して感心した。

Cape God
Cape Godさん / 2013年3月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

テレビドラマの延長という感じ

ファイナルを見た後なので、なんだか物足りないというか、映画にしてはスケールが小さいというか…テレビのスペシャルのレベルかなと感じた。

織田裕二と深津絵里のからみが少なかったのも残念だったし。まあ一本目だしこんなもんなのかな。

CD
CDさん / 2012年10月20日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい 単純 知的
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

7件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi