ミリキタニの猫のレビュー・感想・評価

メニュー

ミリキタニの猫

劇場公開日 2016年8月27日
5件を表示 映画レビューを書く

ミリキタニパワー!

ミリキタニの日常を淡々と描いた作品。

女性監督なのだけれど、いろいろお世話をし共同生活する。監督自身も出演、そのやりとりが記録されている。ミリキタニの市民権の為に尽力する。

yonda?
yonda?さん / 2018年3月23日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

なんてカッコイイ爺さんなんだ

強がってばかりで,ワガママで,でも絵に対する情熱はホンモノ。

ROKUx
ROKUxさん / 2017年11月26日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

孤高の人

「戦争はいかん、5秒で灰だ」

広島出身のミリキタニさんは、911の時、ニューヨークで路上生活をしていました。その後、リンダさんの家に居候し、生活を共にしました。その時に撮ったドキュメンタリーフィルムです。

故郷には原爆を投下され、アメリカでは強制収容所に入れられ、人間の行う愚業を目の当たりにしてきました。そんなミリキタニさんは孤高の反骨おじいさんでした。

「正義」「テロリスト」色々な言葉を使って殺しをしたい戦争屋。

「僕は軍人じゃない、芸術家だ」というミリキタニさん。

そうです、戦争屋は全員を軍人にするのです。

ミリキタニさんの放った冒頭の言葉が頭から離れません。戦争の全てが集約されている言葉だと思います。

ミカ
ミカさん / 2015年3月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

見つめる猫の瞳 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ミリキタニ・・・何やら独特な響きを持つこの言葉が不思議と耳に残る。ミリキタニ・・・漢字で書くと、三力谷・・・。そう、これは日本の苗字。本作は日系のホームレス画家、ジミー・ツトム・ミリキタニの80年の生涯を追うドキュメンタリーだ。ミリキタニの描く猫は愛らしい。体を丸め、大きな瞳でこっちを見ている。だがその愛らしい瞳に映るのは、ミリキタニが過ごしてきた辛く悲しい戦争の体験なのだ。ドキュメンタリー作家のハッテンドーフ監督が路上で絵を描くミリキタニに出会ったのは、折しも9.11の直前の夏。彼に興味を持ち、彼の動向を追ううちに起った悲惨なテロ事件。その朝もミリキタニは路上で猫を描いていた。惨状を前にしても「世の中にはもっと恐ろしいことがある」と冷静でいる老人を、彼女は自宅に招き入れる。若い独身女性が、いくら老人とはいえ、見ず知らずの男性を一人暮らしの家に入れるにはそうとうの覚悟があったはず。彼女にそこまでさせたこの日系ホームレスには、いったいどんな人生があったのだろうか?幼いころ広島で生活したことのある彼は、原爆で思い出を全て失った。その上、アメリカ国籍を持っているにもかかわらず、敵国民として強制収容所に入れられた。彼はそこで絵を描きながら、世の中の理不尽を実感する。彼が描く猫の瞳は、収容所で彼に猫の絵をせがんだ少年の瞳。少年は収容所で病死したのだ。アメリカという国にすっかり失望した彼は、自ら市民権を放棄した。老体に鞭うちながら路上生活をするのは反骨精神の現れだ。彼が願うのは差別や憎しみのない真の平和な社会だ。彼の描く猫は、おびえたように体を丸め、大きな瞳を見開いている。平和な社会が訪れないかぎり、安心して瞳を閉じ、無防備に体を伸ばして眠ることはできない・・・。

Chemy
Chemyさん / 2012年4月15日 / PCから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リンダ、リンダ、リンダ。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

名画座にて。

私は、生命力に溢れた人間が大好きだ。
どんな境遇にあっても心だけは元気ハツラツでいたいもの。
なにがスゴイってこのお爺ちゃん、当時80歳のアーティスト。
(とはいえ路上画家。)本作の監督、リンダ・ハッテンドーフが
9.11テロの後、しばらく自宅に引き取って面倒を見ながら、
彼の生態^^;を見事なドキュメンタリーとして仕上げた作品。

いや、とにかくすごく元気なのだ!見事に歳を超越している。
カリフォルニアで生まれたにも関わらず、帰国したアメリカで
第二次大戦中に日系人強制収容所に送られ、市民権を捨てる。。
そんな数奇な運命を背負った男が無骨なまでにアメリカを嫌い、
戦争やテロを恥じ、心温かい日本人♪loveな眼差しをこちらに
投げかけてくる。まさに活動絵画!彼自身が絵具となっている。

テロに遭いながらも、平然と路上で絵を描き続ける彼。
リンダのアパートでTVニュースを観た彼が一言。
「アメリカって国は、なんにも変わっちゃいねえよ。」
捕えられた日系人たちが、どれほど酷い境遇に置かれたか。
強く恨みを口にするのでなく、ただ淡々と彼は描き続ける。
市民権を取り戻そうと尽力するリンダに対し悪態をつくほど、
(なんだ!この頑固くそジジイは!と私ですら思うほど)
彼の生命力はものすごく活発で、猛々しくて、容赦がないx
そんな彼から、次々と生み出される色合いにも圧倒される。

怒って怒って憤りまくる老人から生み出される画風は、
どこか懐かしく、優しく、深い温もりに満ちたものばかり。。
アーティストとしての誇りは決して失わず、多くを求めない。
リンダの部屋を、自分の工房のように縦横に使いまわして、
演歌を歌い、草木を植え(ここ笑える)、日に何十枚も描き、
遅く帰ったリンダを叱りつける…(爆)という(これは親心でね)
まぁなんともチャーミングなお爺ちゃんだ。

やがて、リンダの尽力の成果が表れ、
彼は生き別れた家族や親類、友人、そして市民権を取り戻す。
…どんどん立派に、そして小綺麗になっていく彼。
そんな彼にどうしても言いたかった…「リンダにお礼は?」

彼は「ありがとう」も「君のおかげだ」も言わなかったけれど
「リンダ、リンダ、リンダ~♪」と歌の歌詞みたいに名を呼んだ。
ラストシーンの一言もあいまって、
心の奥がエラく歓喜してしまった…そして最後にまた泣けた。
彼はようやく心の国境を越えた。

「ジミー・ツトム・ミリキタニ」という日系人を誇りに思う。
リンダ、彼の映画をありがとう。

(お姉さんもドエライ美しさ!遺伝なの?ご長寿の秘訣は?^^;)

ハチコ
ハチコさん / 2008年7月10日 / から投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 笑える 幸せ
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi