unknown アンノウンのレビュー・感想・評価

unknown アンノウン

劇場公開日 2006年11月3日
8件を表示 映画レビューを書く

密室系の良作 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

B級だが素晴らしい内容。

ソウもどきの密室系のサスペンスかと思ったが、ソウよりも話はよくできている。

登場人物が謎解きをするのではなく、それぞれの人物が段々と自分の立場を思い出していく様は新鮮でした。

最後の最後のドンデン返しは見事。配給会社じゃなくても『予測不能の結末!!』と言いたくなる。

のあかさん
のあかさんさん / 2018年5月22日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

記憶喪失の人たち。 敵か味方か。何度も騙されてしまう!

記憶喪失の人たち。

敵か味方か。何度も騙されてしまう!

キッスィ
キッスィさん / 2017年6月29日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

初見で内容を完全に把握するのが難しい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

設定
記憶を一時的に失ってしまった5人の男たちが密室に閉じ込められている。
5人の男たちは“誘拐犯、潜入捜査官、富豪”の“敵、味方、人質”が混ざっている状況(誰が誰だか分からない)。

初見で内容を完全に把握するのが難しい映画。
ぼくは解説サイトでなんとか理解したクチ。

シナリオは気に入っている作品。
最後のガンアクションがしょぼかったのが残念。

オチの2回のどんでん返しはやり過ぎ。
悪党の一味だと思われていた主人公が実は潜入捜査官だった!(どんでん返し1回目)
でも、富豪の嫁とグルだった!(一番の悪党は主人公と富豪の嫁だった!)(どんでん返し2回目)

不死鳥
不死鳥さん / 2017年5月24日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

記憶喪失になった男5人の緊迫感や、最後の記憶が蘇ってきたシーンでの...

記憶喪失になった男5人の緊迫感や、最後の記憶が蘇ってきたシーンでのどんでん返しは面白いと思った

ゆーすけ
ゆーすけさん / 2017年3月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

よくできたサスペンス

ほとんど廃工場のシーンだけだが、なかなかに面白かった。
終始ハラハラドキドキする。

カイン
カインさん / 2016年5月4日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2回も観ました。

これは何気に名作かも。
最後のオチは全く分からなかった。大体この手の映画って途中でオチを散らすかせるが全く無かったので意外や意外で楽しめました。
ようは女は怖いなって映画でした(笑)

エイジ
エイジさん / 2014年8月1日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

● 最後まで魅せてくれます ●

好きな作品です。

全く状況の分からない所から、時間と共に記憶が断片的に甦り、ようやく敵・味方が判明します。
しかし本当の敵は…

ラストまで魅せてくれます。

リーアム父さんのアンノウンも迫力があり面白いですが、ラストの展開でこちらの方が好みです。
地味ですけどね。

アクション仮名
アクション仮名さん / 2013年6月17日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アイデアは良かったんだけど…

公式サイトにあるイントロダクションを読んだら、密室での虚々実々の駆け引きが繰り広げられる、と思っていましたが、そういう展開にはなりませんでした。
「誰が敵で、誰が味方なのか?」という疑心暗鬼になった男たちの人間ドラマって感じでしょうか。
タイムリミットが迫るにつれて、本来あったはずの人間関係とは別の人間関係が構築されていく奇妙な連帯感。
外界と世界が繋がったときに強制的に人間関係が再構築される、心理と真理のギャップ。
そして、ラストに訪れる「知っていたはずの世界」が、ボロボロと崩れていく様子は面白かったです。
でも、いかんせん演出がいまいち(あの宣伝だと、どうしても心理戦や駆け引きを期待する)なためか取って付けた感が否めず、もったいなかったです。
上映時間は短いので、そこそこは楽しめましたが。

A-COLOR
A-COLORさん / 2013年6月2日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi