劇場公開日 2006年11月3日

「作品のメッセージ」手紙 MKT777さんの映画レビュー(感想・評価)

3.759
26%
47%
23%
3%
1%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

5.0作品のメッセージ

MKT777さん
2018年12月24日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

悲しい

加害者、加害者家族、被害者家族の葛藤がどうしようもないくらい辛く、救いようも無い。
いつまでたっても続く負の連鎖は、逃げることすら出来ない。
そんな中にある色々な愛の糸に感動してしまう。自然と涙が出ていました。
この映画を観て、どのようなメッセージがあるのか考えました。
おそらく根幹はシンプルで、「どんな辛い事があっても犯罪をしてはいけない」という事なのかと。
人は生きていく中で人との摩擦は避けられない。
いつ魔が差して悪い事をするか、それは誰にもわからないし、自分にいつそれがやってくるかもわからない。
ほんの少しの気持ちで罪を犯したとしても人を殺す結果になってしまうかもしれない。
自分を抑制する事は凄く大事な事でそれは凄く難しい。
でも、もしそんな時が来てしまった時、この作品の事を思い出し、自分の愚かな行為が家族に対して永遠に絶望を与え続けるという事が頭をよぎれば、あるいはその手を止められるかもしれない。
この作品は素晴らしい。
原作は小説であると思いますが、私はまだ読んだ事がありません。小説を読むのには時間が掛かる人もいて、手に取る事がない人もいると思います。
ですが、映画であれば2時間ほどです。
必ず見る価値はあると思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 4 件)
MKT777
「手紙」のレビューを書く 「手紙」のレビュー一覧へ(全59件)
「手紙」の作品トップへ