リトル・ロマンスのレビュー・感想・評価

リトル・ロマンス

劇場公開日 1974年7月14日
1件を表示 映画レビューを書く

ダイアン・レインの愛らしさ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

シェークスピアの「ロミオとジュリェット」を下書きにして、フランス少年とアメリカ娘の禁じられた恋を描く名作です。
老紳士から教えて貰った伝説の【サンセットキス】を信じての恋の旅立ちには年代を越えて応援してしまう物があります。

これが映画デビューになったダイアン・レインの愛らしさは何と表現したらいいんだろう。
その他にも監督のジョージ・ロイ・ヒルが自作を中心に仕掛けるお楽しみや、故ジョルジュ・ドルリユーの心優しきメロディの数々に身も心も満たされてしまいます。
そして何よりもローレンス・オリビィエの威厳溢れる演技には感服します。

若い頃には感じなかったが年を重ねるごとに置き忘れてしまった物や、無くしてしまった物の大切さに気ずかせてくれる映画じやないでしようか。
久しぶりに鑑賞したけれど、もう何度も観ているのにこんなに泣かされるとは思いもよりませんでした。

松井の天井直撃ホームラン
松井の天井直撃ホームランさん / 2015年4月8日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  悲しい 楽しい
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 1 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報