プリック・アップのレビュー・感想・評価

プリック・アップ

劇場公開日 1987年10月10日
1件を表示 映画レビューを書く

友でありライバルであり恋人であったが故の

同性愛がタブーだった時代のタブーなお話。

ビートルズ大好きなため、まさかこういった形でこの作品と絡んでいたとは!!という感じ。エプスタインが出てるあたり、この男も…と色々考えてしまった。

主人公の日記を追う話の作りが結構面白かった。肉欲に溺れる若き才ある主人公と、ともに没落していく相棒。辛くもあるがどこか日記を追っていることもあり、ただ傍観しているような、そんな気分にさせられた。

ゲイリー・オールドマンファンとしては、これもまたたまらない役。怪しい感じがたまらない。あの目つきがたまらない。あの誘い方がたまらない。

それはそうと、忘れられなくなった作品である。ゲイ映画(テーマとして上がっている)というジャンルでくくらず(私がくくってるだけかもしれないが)、こういう時代があり、こういう人間がいてこういう人生があったと、もっと世間に出てくるべき映画ではないか?と感じた。

s_eyes
s_eyesさん / 2012年5月18日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  泣ける 悲しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報