マイティ・ハート 愛と絆 インタビュー: M・ウィンターボトム監督が明かす現場のアンジェリーナとブラピの関係

ホーム > 作品情報 > 映画「マイティ・ハート 愛と絆」 > インタビュー > M・ウィンターボトム監督が明かす現場のアンジェリーナとブラピの関係
メニュー

マイティ・ハート 愛と絆

劇場公開日 2007年11月23日
2007年11月19日更新

02年、パキスタン最大の都市カラチで取材中だったウォール・ストリート・ジャーナル紙の記者ダニエル・パールが何者かに誘拐された――。当時、妊娠5カ月だったダニエルの妻マリアンヌが事件の真実を綴った原作を、アンジェリーナ・ジョリー主演、ブラッド・ピット製作で映画化した話題作「マイティ・ハート/愛と絆」。本作でメガホンを託されたマイケル・ウィンターボトム監督に話を聞いた。(聞き手:編集部)

マイケル・ウィンターボトム監督インタビュー
「アンジェリーナはブラッドに父親としての役割を与えていたよ」

画像1

映画は原作に忠実に、原作者でもあり主人公のマリアンヌ・パール(アンジェリーナ・ジョリー)の視点で描かれており、例えばダニエル・パール(ダン・ファターマン)が誘拐されたり、拘束されるような衝撃的な場面であおったりはしない。

「原作を読んだ時、マリアンヌの強烈な個性に印象を受けた。実際の彼女にも会ったけど、並大抵の女性じゃないよ。彼女のパキスタンに対する深い思いや理解も、僕のそれと同じだったし、事件を通した人間関係や人種の関係も含め、彼女はきちんと本に記していた。とてもいい本だったし、自分の余計な思い入れを入れるよりも、彼女の視点で、“マリアンヌの映画”を作ることが一番大切だと思ったんだ」

マリアンヌとは元から交流があった マリアンヌとは元から交流があった

主演のアンジェリーナ・ジョリーは、ユニセフの親善大使を務めるなど社会的な活動家としての側面も有名。そうした彼女のパーソナリティが、役と合致しているように思う。

「この企画が始まる前から、アンジェリーナとマリアンヌは既に友人だった。マリアンヌも“アンジェリーナに演じてほしかった”と言っていたしね。他の俳優が演じるとしたら、事前の準備がもっと必要だったろうけど、そういう意味では、アンジェリーナにとっては演じやすかったかもしれないね。アンジェリーナ自身も慈善活動家で、マリアンヌと似ているところがあるし、2人とも伝えたいものを明確に持っている。そうした知識や考え方、行動が共通していたから、嘘がなく演じることができたと思う。監督としてはありがたかったね(笑)」

撮影は実際にカラチで行われ、手持ちカメラによる撮影がドキュメンタリーのような臨場感を伝えている。

撮影中のウィンターボトム監督(右) 撮影中のウィンターボトム監督(右)

「カラチは雑然としていて全体的に暗い街だし、人の注目も浴びないようにしなくてはいけなくて、撮影は難しかった。ただ、今までもそうした作品をいくつか撮っているから、技術的には困難だけど不可能じゃないのはわかっていた。でも、パキスタンというのは、ちゃんと筋を通して撮影許可をとっても、そのまますんなりいくことはないので、いろいろなことをクリアにしなきゃいけないから大変だったかな」

本作もまた、近年増えつつある“9・11以降”の世界を描いた作品。「グアンタナモ、僕達が見た真実」や「ウェルカム・トゥ・サラエボ」など、社会派的な作品も手掛けている監督は、9・11の影響を受けていると思う?

「基本的に僕は、人物や物語に惹かれて映画を撮る。そのスタンスは今も変わってないよ。ただ、これまでも9・11に限らず湾岸戦争やベトナム戦争、その他の戦争・紛争があるたびに、それらに影響された映画が作られてきた。確かに、僕の作品にもいくつかそうした社会的影響を受けたものはある。例えば今回描いたパキスタンのような国は、とても複雑で、様々な問題や矛盾を抱えているけど、僕はそうしたことから目を逸らすことができないんだ。映画は世の中を反映したものであるべきだし、反映させずには出来ないものだと思うから、結果的にはきっと(9・11にも)影響されているんだと思う。自分で意識はしていないけどね」

プロデューサーのブラピを子守に撮影に専念 プロデューサーのブラピを子守に撮影に専念

本作のプロデューサーを務めたのは、言わずと知れたアンジェリーナのパートナーであるブラッド・ピット。2人の共同作業は?

「撮影前に、ロンドンにあるプランB(ブラッド・ピットの製作会社)でブラッドを含めたプロデューサーたちとミーティングしていて、オフィス内で2人が話している姿も見ているけど、そこで特に何かあったということはないな。実際の撮影に入り、ブラッドも現場に来たこともあるけど、アンジェリーナは彼に対して、どちらかといえば父親としての役割を与えていたよ。プロデューサーというのは事前の準備が一番大切な仕事だから、撮影が始まったら、後はもっぱら子供の面倒を見ていたみたいだよ(笑)」

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

映画評論

アンジェリーナ・ジョリーが受け身型の主役を好演
映画評論

映画の主役には2つのタイプがある。自分が動くことでストーリーが展開していく行動型の主役と、常にストーリーの中心にいるけれど自分からは動けずリアクションに徹する受け身型の主役だ。「マイティ・ハート」のアンジェリーナ・ジョリーは、まさしく...映画評論

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

マイティ・ハート/愛と絆 スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] カンフー・パンダ ベストバリューBlu-rayセット[Blu-ray/ブルーレイ] 白い帽子の女[DVD] ソルト[Blu-ray/ブルーレイ]
マイティ・ハート/愛と絆 スペシャル・コレクターズ・エディション[DVD] カンフー・パンダ ベストバリューBlu-rayセット[Blu-ray/ブルーレイ] 白い帽子の女[DVD] ソルト[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2009年7月24日 最安価格: ¥791 発売日:2018年12月5日 最安価格: ¥3,534 発売日:2017年9月6日 最安価格: ¥973 発売日:2011年4月22日 最安価格: ¥1,375
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
3.0 3.0 (全13件)
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー キングダム “ハマり役”を超えた“役への没入” 山崎賢人&吉沢亮&大沢たかお「キングダム」で見た天下統一の夢
  • インタビュー 多十郎殉愛記 高良健吾、30代最初の主演作で体得した収穫と課題 “活動屋”の魂を追い求めて…
  • インタビュー 九月の恋と出会うまで 運命は変えられるのか? 高橋一生&川口春奈が初共演「九月の恋と出会うまで」で問う
インタビューの一覧を見る
Jobnavi
採用情報