傷だらけの男たちのレビュー・感想・評価

傷だらけの男たち

劇場公開日 2007年7月7日
6件を表示 映画レビューを書く

惜しい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

トニー・レオンが犯人だということを、観ている人も最後までわからないように演出するべきだったような…

ヌンサ
ヌンサさん / 2018年12月18日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

継ぎ接ぎ感のあるシナリオ

雰囲気や役者の演技は良かった。でも設定や脚本に継ぎ接ぎ感が漂う。練り込み不足で継ぎ目が馴染んでいない。

佐ぶ
佐ぶさん / 2016年1月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

犯罪作品としては物足りないが、醸し出す雰囲気がいい

総合70点 ( ストーリー:65点|キャスト:75点|演出:70点|ビジュアル:75点|音楽:70点 )

 撮影は風景と背景の取り入れ方や美的な感性の良さがある。映像と音楽とで雰囲気を作り出すのが上手い。そのような雰囲気の中で傷を引きずって生きる金城武は良かったと思う。
 反面、いくつか起きた重要な何かの出来事がはっきりと劇中に描かれないため、物語の展開に深みが出ない。恋人のこと、殺人事件のこと、寺の死体、知り合ったきっかけ、昔の事件、生い立ち、それらが語られるだけだったり間接的に描かれるだけだったりでは物足りない。最後の病室での場面ですらそうだった。雰囲気は良く出ていても、それを支える描写や展開が浅いために受けとる印象も浅くなる。それは犯罪計画に関しても同様で、どうやって情報収集し計画し実行したのかについて明確さがないため、犯罪作品としても中途半端。

Cape God
Cape Godさん / 2015年6月14日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

リメイク決定とあるが

個人的にはインファナル・アフェア程、
惹かれはしなかったし、面白くは感じなかった。
多分、両者を比較するとやはり、テーマの
シンプルさと分かりやすさに大きな差がある。
全般的に暗さが漂い、やるせなさを感じる
ストーリー展開には好き嫌いが分かれるかな。
どちらも運命の歯車とその流れに逆らう
その過程が俳優の名演技出引き込まれる
一因だか、この作品は、少し背景や
人物の描き方が足りていない。
その為にえっ?と言う話の流れ有り
全体的にもう一つ感が有りました。

金城武、トニー・レオンともに良い
役者なんですが脇役が足りなかったかな。

としぱぱ
としぱぱさん / 2015年3月8日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ちょっと暗いかな

意外性があり面白い映画でした。
が、少し淡々と進みすぎて盛り上がりに欠ける気が・・・・・
女優陣も魅力的でした。
ビール売り子が良かったね

シネパラ
シネパラさん / 2014年10月25日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「悪役」トニー・レオン

あの名作『インファナル・アフェア』のスタッフが再結集して制作した作品。この作品も『インファナル・アフェア』と同様、レオナルド・ディカプリオの出演によるリメイクが決定されている。香港って、不思議ですね。人口800万程度しか居らず、領域も狭いのに、何故にこんなに名作が生まれるのでしょうか?

物語は、2003年に始まる。この年が物語の始まりに選ばれたのは、SARS禍の最中で香港が落ち込んでいたと言うことに加え、レスリー・チャンが自殺し、アニタ・ムイが亡くなってしまったと言う年であるということに意味を求めているらしいです。この映画のタイトルが『傷城』と言うものであるのもそのあたりの意味が込められていて、香港再生を願っている映画でもあるそうです。

トニー・レオンは、やっぱり良いですねぇ。最初は、金城武の役どころを演じる予定でしたが、本人の希望で変更になり、今回の役どころになっています。優しい仮面の下に、冷酷な犯罪者の顔を持つ男を非常に上手く演じています。

それと、金城武。やっぱり彼は、ああ言う陰のある役に向いていますね。広東語のセリフを流暢に操っていましたが、元々台湾で生まれたので、広東語もお手の物?なのでしょうか。

なんか、凄く悲しい物語です。トニー・レオンの最後なんかね特に。途中、日本や見慣れたハリウッド物の映画と、物語進行のテンポの違いを感じてちょっと違和感を覚えましたが、話の内容が面白いので、最終的には話の中に引き込まれていました。

エンディングの楽曲は、浜崎あゆみの『Secret』なのですが、中国語表示では濱崎歩でした。彼女の歌でエンディングと言うのは、ちょっと無理やり感が漂いますが・・・。avexが配給なので、仕方ないのかな。ちなみに香港バージョンでは、デニス・ホーがカバーしています。

勝手な評論家
勝手な評論家さん / 2007年7月7日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報