ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 : 映画評論・批評

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

劇場公開日 2007年7月20日
2007年7月10日更新 2007年7月20日よりサロンパス・ルーブル丸の内ほかにてロードショー

大人の領域に足を踏み入れたハリーの葛藤に迫る

画像1 (C)2007 Warner Bros. Ent.
Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R.

クリス・コロンバス(1、2作)のゆるめの演出が、楽しかったと懐かしくなるほど、第5作「不死鳥の騎士団」はハードでダークな作品になった。毎回、ハリーの成長を追い続けてきたシリーズだが、明らかにこの回がターニング・ポイント。子供時代の楽しい日々は終わりを告げ、ヴォルデモートとの最終戦に向けて、ハリーは大人の領域に足を踏み入れる。復活したヴォルデモートへの恐怖を人一倍感じ、悪夢に悩まされているハリーは、自分の苦しみを分かってくれない大人たちに対して怒りと苛立ちを抑えられない。今までの我慢強い優等生から感情的で猜疑心の強いハリーへの変化。その葛藤に深く迫って内面の描写に徹しているのが今回の特徴だ。

ダニエル・ラドクリフも演出の要望に応えて男っぽく一歩前進。ハリーの新しい局面という意味では成功しているが、その代わり、魔法がもたらすワクワク・ウキウキした空気も消えて、真面目で地味な仕上がりになった。その真面目さ故か、大切な人との別れの辛さを克服し、自分を愛してくれる味方や友だちの存在を再確認するというエモーショナルなポイントも、やや盛り上がりに欠けたのが惜しい。もうちょい、泣かせてくれても良かったのでは。

(森山京子)

関連コンテンツ

特集

インターネット初登場となる場面写真の独占入手
特集

もはや説明不要の人気シリーズ、「ハリー・ポッター」の第5弾「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」が、7月21日より公開。それに先立つ6月28日は、日本で世界最速上映も行われる。eiga.comでは、本作のインターネット初登場となる場面写...特集

インタビュー

人気シリーズに大抜擢されたデビッド・イェーツ監督
インタビュー

全7作のシリーズもいよいよ5作目を迎えた最新作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」のデビッド・イェーツ監督に、映画評論家の森山京子がインタビュー。世界的人気シリーズを委ねられた、その心境は?(森山京子)「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全40件)
  • 激アツ 昔学校で、リコーダーのつば取りを杖代わりにして、ヴォルデモート対ダンブルドアのシーンを何回実践しただろう。 最高! ...続きを読む

    レオン レオンさん  2019年1月27日 22:35  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ヘレナ・ボナム=カーター  アズカバンから集団脱走した面々。中でも光るのはヘレナ・ボナム=カーター演ずるベラトリックスだ!いやぁ、魔女がとてもよく似合う。そしてアンブリッジのイメルダ・スタウントン。シリーズも回を重ねるご... ...続きを読む

    kossykossy kossykossyさん  2018年11月13日 05:13  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 70 ネタバレ! ...続きを読む

    D Dさん  2018年10月28日 20:32  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi
採用情報