劇場公開日 2000年4月1日

スクリーム3 : 映画評論・批評

2000年3月29日更新

2000年4月1日より丸の内ルーブルほか全国松竹・東急系にてロードショー

人気ホラー完結編“三部作のルール”とは?

こんなに笑っていいのかしらん。このシリーズってホラーだったのに。

というわけで、「スクリーム」シリーズの完結編は笑いの渦。それは事実と映画が重なるときに起き、はたまた映画のなかの映画「スタブ3」と映画「スクリーム3」が重なる場合、そしてロジャー・コーマンやサイレント・ボブことケビン・スミス等、小技の効いたカメオ出演者の登場シーンでも湧き出てくる。二重三重に仕掛けられたワナが、今度は恐怖のためだけではなく、笑いのためにも効力を発揮するのだ。

それによって恐怖感が薄まった感は否めない。だが、この笑いはそれを不満に思わせないほど魅力的だ。シリーズを続けて見ている者にはそれが増幅され、映画ファンはそれ以上。親切なことにはじめての人だって十分笑えてしまうとくる。最近ダレ気味のケビン・ウィリアムソンからバトンタッチされた新進脚本家、アーレン・クルーガーの功績だ。

ちなみに、前作で殺されてしまったホラーおたくのランディも、意外なかたちで嬉しい再登場を飾っている。つまり、ファンのツボを突いているわけだ。このシリーズが愛された理由はこんなところにもある。

(渡辺麻紀)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「スクリーム3」の作品トップへ