「何度観た事か。」セブン 奥嶋ひろまささんの映画レビュー(感想・評価)

ホーム > 作品情報 > 映画「セブン」 > レビュー > 奥嶋ひろまささんのレビュー
メニュー

セブン

劇場公開日 1996年1月
全143件中、40件目を表示
  •  
映画レビューを書く

何度観た事か。

中学の時に出会ってもう何度観た事か。CMで観たプラピに一目惚れし、当時映画は観れずビデオになるまで待てずに小説を読んでから観た思い出。
初見ではラストの残酷さがイマイチ分からずブラピの格好良さと上手さ、ラストの表情に痺れたのだけど、
何度も見てると七つの大罪を完成させるまでの展開の素晴らしさと、クールな映像の虜になった。

結局この作品が、ケピンスペイシーとの出会いでありデヴィッドフィンチャーとの出会いにもなった。
モーガン・フリーマンは言わずもがな、ブラピの怖いもの知らずのやってやろうと言うギラギラ感が一貫しててラストのリアリティが増してると思う。

また、何年か後に観たくなる名作だと思う。

奥嶋ひろまさ
さん / 2018年2月15日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi
採用情報