劇場公開日 2005年1月8日

TAXI NY : 映画評論・批評

2005年1月5日更新

2005年1月8日よりニュー東宝シネマほか全国東宝洋画系にてロードショー

頭を全部からっぽにして見たいカーアクション映画

ギンギンにチューンアップしたイエローキャブでマンハッタンからJFK空港までたった9分28秒でぶっ飛ばす女タクシー運転手のクイーン・ラティファと、車の運転が大の苦手というドジな刑事ジミー・ファロンの底抜けコンビが、スーパーカーで爆走するセクシーな銀行強盗(ボス役は、レオナルド・ディカプリオの元恋人で、スーパーモデルのジゼル・ブンチェン!)を追っかけるというカーアクション映画。

ラティファの出世作「バーバーショップ」を手がけたティム・ストーリー監督が、ツーカーな彼女のコメディエンヌぶりを引き出し、「サタデーナイト・ライブ」出身のファロンと自在にかけ合いをさせているのが妙だ。さらに、WWEのディーバのようなコミカルなお色気を加味し、おバカ度を増している! ファロンのアル中の母親に“美脚の女王”アン・マーグレットを配するなど、そこかしこにお楽しみがいっぱいだ。

もちろん原案はリュック・ベッソンで、フランスで3本作られたヒット作「TAXi」のリメイクにあたる。カーチェイス自体ちっともワクワクしないが、誰もが知っているニューヨーク・ロケだけにフムフムと見てしまう。頭を全部からっぽにして見たい、国際線の機内上映にうってつけの映画かもね。

(佐藤睦雄)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「TAXI NY」の作品トップへ