スチームボーイのレビュー・感想・評価

メニュー

スチームボーイ

劇場公開日 2004年7月17日
9件を表示 映画レビューを書く

スチームボーイ

圧倒的なスケールですね。

ロイド博士の「エディ」と呼んだ所が吹いた。

Y&M
Y&Mさん / 2018年7月2日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  楽しい 興奮 難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

科学を信じて

長編アニメーションとしては『AKIRA』以来となる大友克洋監督の2004年の作品。
公開時は『AKIRA』のような作品を期待したのか、ファンからの反応もイマイチ、興行的にも不発に終わった。
が、月日が経って久し振りに見てみれば(多分劇場で観て以来)、大傑作!とまでは言わないが、“空想科学冒険活劇”としてそれなりに面白い。

謎の発明“スチームボール”。
それを巡る争い。
少年の冒険。
THE王道!
大友克洋もただ純粋にサイエンスとアドベンチャーの娯楽活劇を作りたかったんだと思う。
『AKIRA』みたいな作品が大友克洋、と期待するのはこちらの勝手、酷な事でもある。
映画監督は自分の作りたいものを作ればいいのだ。

作画力はいつもながら圧倒的!
メカニックなどは緻密でディテールまで拘り抜き、中でも空飛ぶスチーム城は蒸気の質感共々圧巻!
また、19世紀のイギリスの街並みも素晴らしく、雰囲気も醸し出す。

ストーリーやキャラ描写がちと弱いのは否めないが(お嬢様がウザい…)、メッセージ性は充分。
科学とは、何なのか。
人類の夢であり、英知であり、力であり、財産であり、富である。
が、それが戦争に使われる不条理…。
科学は戦争の為の武器でしかないのか…?
また、主人公の少年レイにとっては、科学を巡って祖父と父が対立してるのも辛い事だろう。
暴走する父と、それを止めようとする祖父。
単純にどちらが善悪じゃない気もした。
父も戦争の兵器の為に科学を使ったのではなく、ただただ科学の力を証明したかったのだ。
しかし、それが時に世界を脅かす…。
そんな中でレイは、悩みながらも、純粋に科学を信じて…。

近大
近大さん / 2018年3月15日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

クリスタルパレスが。

クリスタルパレスをアニメで描こうと言う、試みがすばらしい。レトリックな世界観と現代SF的なストリーのマッチングもなかなか見ごたえがあります!!

ねじまき鳥
ねじまき鳥さん / 2017年12月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦争で猛威を振るう兵器。または子供を喜ばす遊園地にさえなる。その原...

戦争で猛威を振るう兵器。または子供を喜ばす遊園地にさえなる。その原動力がスチームであったりと色々な単語が出てくるし、展開も絡んでくるが見ていてわかりやすい。素直に楽しめたかな

ユージン
ユージンさん / 2016年2月20日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スケールが大きいくせに小さい

もっと冒険活劇を想像していたのに終始倫理の話になってしまっていて、少し物足りなかった。

ちかし
ちかしさん / 2015年11月21日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

期待されるのも大変

もう10年も前になるのか…当時の僕はアシスタントをしていて漫画家を夢見る青年だった。
当然のように大友克洋のファンで、CMを見て新作が観れるぞ!クオリティもやはり高そうだ!ポスターも格好良いぜ!と思って映画館で友だちと観たわけだが、見終わって何とも、無言で映画の話はしなかったというか避けた記憶がある。
期待が高すぎたのかなぁと感想として10年持っていて、久しぶりに子どもたちと見たのだけど、絵も背景も大友さんらしくて大好きなのだけど、キャラクターと設定が弱いんじゃないかと思ってしまう。子どもたちには難しくて、大人にはスチームって…と思ってしまうのではないか?他のアニメでは魔法や人の力を超えた物が主軸にあるのに弱過ぎると思ってしまい、
かなり時間をかけて調べて細部にまで拘った時代背景とそれに合うギリギリのリアルなファンタジーに感服すると同時に物足りないと感じる矛盾が生じてる気がする。

キャラクターで目立つのはおじいちゃんとヒロインだと思うのだけど、ヒロインがヒロインらしくなく(可愛くない)、いてもいなくてもいい存在で主人公はもっと男の子っぽい声でもっとやんちゃな方が良かったんじゃないかと思う。

それでもやはり細部の拘りや背景、キャラクターの表情やシワや動きは観て勉強になる。というか好きだ。

奥嶋ひろまさ
奥嶋ひろまささん / 2015年5月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

時代背景が割としっかりしてると思う。

時代背景が割としっかりしてると思う。

moriyaaoba01
moriyaaoba01さん / 2015年3月16日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ポスターの方が立派な映画

映画『スチームボーイ』はスチームパンク作品だ。
イギリスのヴィクトリア朝時代の科学や文化を取り込んだ舞台設定、蒸気を動力としたギミックを盛り込んだ作品世界ということだ。
今でこそ市民権を得つつある単語「スチームパンク」は、劇場公開時の2004年時点では世間一般には知られてないジャンルであったかと思う。
そういう意味では目新しい刺激を提供したはずだ。

理屈はわからんけど、蒸気がいっぱい詰まった鉄の塊"スチームボール"をめぐり、祖父と父と息子の親子三代でくっついたり離れたりの冒険活劇が本作ストーリー。
蒸気が主要エネルギーの世界で、いくらでも蒸気を生み出し、かつサッカーボール程度のサイズというコンパクトさ。現代の科学でも到達し得ないであろう超技術。こうなったら何でもやってしまえと仰天技術が目白押し。
もっとも大半は軍事兵器なのだけど。

親子三代の男臭い作品で、女っけといえばオハラ財団のお嬢様・スカーレットただ一人。
確かにイギリス産業革命は男の価値を押し上げた時代だろうが、それをそのまま映画に持ち込まなくてもいいではないか。

しかもせっかく劇中たった一人の華だというのに、ペットの子犬には虐待じみた扱いだし、どこまでいってもお嬢様然としていてレイ少年とはちっともラブラブにならない。
そして一度たりとも何の活躍もしない。
こんなヒロイン、ちょっと他に見当たらない。チョイ悪の峰不二子だって、お風呂大好きしずかちゃんだって、もうちょっと活躍するシーンあると思うんだが。

また親子三代の壮大な親子喧嘩とは別に、アメリカ財団vsイギリス政府の科学対決もあるのだけど、これがまたハードな設定。
近代化の流れに従って、科学を下地においた軍事進出が本音。蒸気満タンのスチームボールは、両陣営にとっては夢のデバイス。ボールの争奪戦を兵器プレゼンの舞台に替えてガチンコ勝負。
わりとしっちゃかめっちゃか。

しっちゃかめっちゃかといえば、キャラクターが無駄に多くて芋洗い状態なのはどうしたものか。
もっと掘ればいい味出そうな財団のエージェントとか、レイ少年の父・エディのライバル科学者・ロバートとか。
尺は2時間超で十分あるはずなのに、キャラの使い回しはどうにも未消化に終わった感が強い。

なによりガッカリするのは、ポスターやPC壁紙に描かれる画と本作映像とのギャップだ。
見ているだけでワクワクしてくる質感とエモーションが込められたポスターに比べ、本作映像は薄っぺらいシーンがチラホラと。
本作より見栄えのするポスターで釣って、観客をガッカリさせるのは勘弁して欲しい。レン少年なんぞ、引いたシーンでは3.5頭身くらいに見える。そんな映画じゃないでしょって思う。

いつまで噴出しても絶えることのないスチームボールの謎を解けとか無粋なことは言わないから、身内のケンカで収拾ついてしまう映画にしないで欲しかった。あとポスターとのギャップ。

前田有一氏も本作レビューで
「大友作品に求められるレベルは高い。まだまだこの程度では観客は満足すまい。」
といってるが、どうしたって大友克洋の長編アニメーション。否が応でも期待は高くなってしまう。
だからこそ、「なんで?」となってしまうのは否めない。

中身は親子三代の壮大なケンカ&米英蒸気兵器対決のスチームパンク。
わりとベッタベタなストーリーなのだ。
それで長尺というのも、観客にとってはかえって苦痛。もう少しスリムにできたんじゃないかと思えて仕方ない。

では評価。

キャスティング:4(ヘタとは思わないけれど、あんまり印象に残らない)
ストーリー:4(典型的な中身なのだから、もっと短くできると思う)
映像・演出:6(そんなに悪くないけれど、とりたてていいとも感じない)
ヒロイン:1(こんなにかわいげがなくて、しかも活躍しないヒロインはみたことがない)
キャラクター群像:5(もっと活躍できる潜在力はあったはず)

というわけで総合評価は50点満点中20点。

ポスターから想像させる期待感とのギャップが激しい作品。
映画『AKIRA』だけじゃ満足できない人、映画『SHORT PEACE』の予習として期待を"下げて"おきたい人にはオススメ。

永賀だいす樹
永賀だいす樹さん / 2013年4月26日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「機械」するココロ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

今回は親しい友人に薦められて、レンタル店へ。
見れば、2004年公開とあるではないか。公開当時の自分の年齢が、主人公レイに近かったこともあって、映像のメカニックさに興奮しながらも、どこか懐かしさも感じつつの鑑賞であった。

予告にもあったように、かなりの時間とお金をつぎ込んでいるだけあって、映像のクオリティは最高級のものだ。特にボイラーから吹き出す蒸気(スチーム)の動きはまるで実写のよう。ただテレビ画面では暗い部分が見えづらかったのと、明らかにCGを使用したなってところが散見され、少々残念だったが。

映像、音楽、グラフィック、声優はかなりのレベルではあるのだが、いかんせんストーリーの展開がその分、雑に感じてしまった。もう少し冒頭のほうで、スチームボールが何なのか、なぜ大切なものなのかを明らかにしてほしかった。訳もわからんうちに車?が家につっこみ、誘拐され、スチームタワーへ・・・?前半は、少し置いてけぼりをくらった感じだった。

本作のテーマというかミソといえば、祖父と父親との間の、「科学」に対する向き合い方の齟齬だろう。中盤から後半にかけてそのすれ違いがいつしかスチームタワー始動へと結びついていくのだろうが、なんだか鉄砲合戦が始まってしまったおかげで、本題がかすんでしまった感じがする。もちろん、映像としては申し分のない迫力だった。

エンディングの「絵」で、「おっ!」とさせられた。少年のその後もしっかり描かれていて、ほっと一安心した。ちゃんと「お約束」をわきまえている証拠である。エンディングの途中で、空をパラシュートみたいなやつで覆い尽くされ、兵士らしき人が銃を構えている横で、電球が灯っているシーン。これは「深い」。かくして、産業革命において絶対的地位を確立した科学技術は、おじいちゃんが危惧していた通り、戦争の兵器、他者を傷つけるための道具として利用されることになってしまったのだ。しかし同時に、ランプのように文化に灯りをともすこともできるのだと。「科学」は、いかようにでも利用できるというメッセージを読み取ることができるのだ。

pearlboyfriend
pearlboyfriendさん / 2011年11月17日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

9件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi