劇場公開日 2003年6月21日

ソラリス : 映画評論・批評

2003年6月3日更新

2003年6月21日より日比谷映画ほか全国東宝洋画系にてロードショー

すべての先入観を捨てて、ソラリスの海へ

タルコフスキーのバージョンとか、スタニスラフ・レムの原作だとか、あるいは、ジェームズ・キャメロンがプロデュースをしたSF映画であるとか、そうしたすべての先入観はとりあえず捨てたほうがいい。さもないと、このマスターピースの真価が見えなくなってしまうからだ。

唯一知っておくべきことがあるとすれば、「ソラリス」はロマンティックなミステリー映画だということだ。息を飲むほどロマンティックなラブシーンや、知的な謎解きを期待して映画館に行ってくれればそれでいい。

もちろん「ソラリス」は、それだけの映画ではない。なにしろ、あのソダーバーグ監督が撮影だけでなく、久々に脚本まで手がけた渾身の超大作なのだから。シンプルなストーリーに、愛と死、罪と償い、現実と幻想、記憶とアイデンティティ、と、ありとあらゆる謎かけを詰めこんで、ゴージャスな映像とたっぷりのエモーションで優しく包んでいる。

万人向けではないが、決して独りよがりな難解映画ではない。歯ごたえのある映画を求めている人にこそ、ぜひこのチャレンジを受けて欲しい。映画館を出たあとも、ずっと心に残り続ける傑作だから。

小西未来

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「ソラリス」の作品トップへ