劇場公開日 2004年11月27日

ポーラー・エクスプレスのレビュー・感想・評価

3.310
13%
39%
37%
8%
3%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全10件を表示

4.0

isgrさん
2018年12月24日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
isgr

2.0メイキング映像が面白い

kossyさん
2018年12月11日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
kossy

4.5初心忘れるべからず

もっちさん
2018年8月22日
iPhoneアプリから投稿

楽しい

幸せ

クリスマスシーズンに必ず見たくなる作品。
なんだかほっこり温かい気持ちになります。
いつまでも子供の頃の純粋な気持ちって忘れちゃいけないなって思います。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もっち

4.0ポーラー・エクスプレス

2017年12月26日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

クリス・ヴァン・オールズバーグの名作絵本『急行「北極号」』を映画化。
クリスマスの夜に北極点行きの謎の汽車に乗った少年が体験する不思議な出来事を幻想的に描く。
クリスマス愛に満ち満ちた作品。
定番のクリスマスソングも良かった。
CGで描かれた映像はとても綺麗で、
トム・ハンクスが何役もこなしたモーション・キャプチャーは見所です。
ホットココアをタップダンスで踊りながら入れるシーンは面白い。
飛んでいったチケットが色んな所を回って戻ってくるシーンは好きなんですが、
これは「フォレスト・ガンプ」の羽根のシーンを思い出します。
意外だったのは、
ジェットコースターのようなドキドキの連続で驚きました。
お子様向けだが大人が見ても十分に楽しめます。
子供の頃を思い出させてくれる心温まるファンタジーでした。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
しょうちゃん

3.5もしも汚れたなら

seisinseiさん
2016年9月23日
PCから投稿

幸せ

アメリカンな演出がちょっとしつこい感じはあります。

心が汚れたら洗えますか?
夢を現実にしようとする勇気と行動が
あなたの人生を磨いてくれる

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
seisinsei

4.0クリスマスに観たくなる映画

Ayakaさん
2016年7月21日
iPhoneアプリから投稿

クリスマスに観たい映画です。

音楽もすてき。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Ayaka

3.53.7

onakaさん
2016年2月15日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

とてもファンタジックで素敵なお話し。現実と夢の本質が改めてよくわかった気がする。夢ばかりみて現実性が全くないことより、夢が見られなくなってしまうことの方がよっぽど悲しい。Don't grow up evertって言葉が本当によくわかる。大人になることが、そういうことなら、子供のままの方がいい。
列車の上にいた人とかあの鈴とかの意味するものこそ、クリスマスなんだと思う。列車の上にいた人こそサンタクロースなのかもしれないと思った。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
onaka

4.0初心を思い出させてくれる映画 わたしにとって意味のある作品 12月...

もっちさん
2015年5月6日
iPhoneアプリから投稿

初心を思い出させてくれる映画
わたしにとって意味のある作品

12月には最低2回は見る

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もっち

0.5ありがとう!新宿ミラノ

iwamoogさん
2015年4月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

怖い

単純

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
iwamoog

5.0なくしてしまったクリスマスの輝きを取り戻せるアニメ

tabletapさん
2013年4月29日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

楽しい

興奮

幸せ

クリスマスの夜に北極へ向かう「ポーラー・エクスプレス」にのって
子どもたちがサンタに会いに行く

あらすじを見ても子供向けだと思うがそこはロバート・ゼメキス
さすがというべきか単なる子供向け作品じゃない
「サンタを信じられなくなった子供」が主人公なのだ
この主人公を設定したことで大人も共感して見ることができる

列車で繰り広げられるアクションはBTFを思い出させ。
次々出てくるアイディアはこころを若返らせる。
演出やキャラクターが素晴らしい

この映画を見ると「クリスマスは奇跡が起こる」という
そんなことを忘れてしまっていた自分に気がつく
最後のシーンでは主人公に同調して祈ってしまった

気づけばうっかり泣いていた、本当に面白い映画

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
tabletap
「ポーラー・エクスプレス」の作品トップへ