劇場公開日 2005年2月5日

「一途な愛を希求するということの裏側」きみに読む物語 菜野 灯里 (ナノ アカリ)さんの映画レビュー(感想・評価)

4.1167
43%
45%
11%
1%
0%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

3.0一途な愛を希求するということの裏側

2020年7月25日
PCから投稿
鑑賞方法:VOD

記憶をなくしている老女とその夫。夫は若き日々の物語を妻に読んで聞かせ、記憶がよみがえってくる。

若いひと夏の初恋の恋仲。戦前の時代、女性は裕福層、男性は一般庶民の肉体労働者で階級の差もあって、別れた間柄。女性は裕福層の男性と婚約するものの、初恋の男性と再会して、初恋の男性と結婚する。

初恋の一途な恋愛を描いた物語。非常に理想的な物語である一方で、現実的に二人の男性の間でこのように揺れ動く女性は少ないのではと思う。ここまでリスクを背負って、一途になれるものだろうかと思う。

アメリカでロングランとなったということは、それだけ一途に思い続けることの価値、すばらしさを希求しているのかな。現実的にはあまりできてないからこそなのかと思ってしまう。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
菜野 灯
「きみに読む物語」のレビューを書く 「きみに読む物語」のレビュー一覧へ(全167件)
「きみに読む物語」の作品トップへ