息子の部屋のレビュー・感想・評価

メニュー

息子の部屋

劇場公開日 2002年1月19日
5件を表示 映画レビューを書く

2度目鑑賞。冷静になってしもうた。 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

☆良かったところ☆
・いびつな展開
映画の基本をやっているようで、ラストへ向けてのグロテスクなまでの非ドラマ感は面白い。とらえどころのない恋人が現れ、感動の準備が整ったところを肩透かしして、それどころか虚しさの穴がぽっかり胸に開く。
お涙頂戴の前提ストーリーから、解決ポイントへの道筋の整っていない具合、シーン同士がガタピシいっている感じ、ハンドリングできていない進行が、実にリアルで本作の宝石となっている。

・精神科医という設定
この設定自体、あまりによくでき過ぎている気もするが、分析医が冷静を保てるか否かのギリギリのラインを見せてくれるのは、スリリングでもあり、力む、他にないリアリティがあり、面白かった。
ただ、もっと耐えるのも観たかった。(私事にうろたえ、分析医として、もはやアウトなのは、物語のわかりやすさ追求し過ぎていて、面白さが欠けたような気がする)

・音楽
常に同じ曲が流れるのはよかった。
家族という一見幸せそうに見える集団に通底している哀しさを、空気に刻んでいるようだ。

・シーン開けの演出技法
北野武的手法が効果的になされている。
シーンののっけから、北野監督曰く「因数分解」の画を使い、行動の結果が示されている。それが、映画にリズム、小説でいう文体のようなものを生んでいる。

★悪かったところ★
・息子がすでに死ぬとわかって観る陳腐さ
息子の死が予告編で明かされていて、それをコミで観なければならない。よって、悲劇としてあまりに安易な定型へとはまりやすいし、じっさい、遺された者らの多くのリアクションは、その型にはまってしまっている。お涙頂戴に、どうしても流されてしまう。

・精神科医という設定
冷静で平和を好み寛容で理性的人物としての主人公の設定、その性質を、さらに拡張させているのが、この職業設定。うーん。少し設定が説明的過ぎやしないか?
前述したが、この設定は、父の理性崩壊描写を生かすためになされているようだが、理性の崩壊をやはり最後の最後まで隠し通したほうが、より奥ゆかしい感動があったように思う。伝家の宝刀を、ちょっと抜きすぎ。
よって、古めかしい悲劇でも観ているような、たとえば、歌舞伎で子が殺された父のような、そんな芸能臭さがぷんと漂ってしまったか。

エイブル
エイブルさん / 2018年9月11日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

精神科医の主人公がある日突然、息子を失う。 なんか説明し過ぎている...

精神科医の主人公がある日突然、息子を失う。

なんか説明し過ぎている気がしたけど、勘違いかも。

最後の女の子の登場で前を向く。

でも、ちゃんと引きずりを持っていて、それは好きな感じ。

tsucchi1989
tsucchi1989さん / 2017年7月31日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

精神分析医の苦悩

家族間のそれぞれ独立した苦悩が丁寧に描かれ、最後まで空気を壊さず、それでいて退屈させない作品。精神分析医の元に訪れる患者達が皮肉なほどリアルで、そしてそれに対する主人公の医者としての割りきった対応と疲れきった印象もいい。余韻がいい。

syou
syouさん / 2015年6月7日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

鎮魂のメッセージ

人が生きていくなかで、どうしても逃れることができない。

愛する者の死。

家族はそれぞれに傷つき、心の舵が取れず、互いにぶつかり合う。

なぜ、神は彼を選んだのか?

考えても考えても、ヒントすらない難問。

私がもしこうしていたら、あの人は死なずにすんだ・・・

唯一自分で導き出せる答えだった。

自分が死んで、こんなに打ちひしがれ、惜しんでくれる人がいる。

それこそ、死んだ人への鎮魂のメッセージなのだ。

だから、失った人の悲しみは無駄ではない。

愛在るが故の、耐え難い苦しみなのだから。

個人的には

もう一騒動、欲しかったです。

息子の部屋には、秘密があったとか。

ストーリーが引き締まる何かが・・・

心を掴んで離さない、とまでは行きませんでした。

momogaria-no
momogaria-noさん / 2013年7月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける 悲しい 幸せ
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

じわっと感動出来る作品

2001年度のカンヌ映画祭でパルムドール
(最優秀作品賞)を受賞した作品です。

精神分析医ジョバンニはある日事故で息子を失います。

「あの時、こうしていれば。」
「あの日をもう一度やり直せたら。」

残された家族は、悲しみから立ち直れずにいました。
そんな時、死んだ息子と付き合っていたらしい少女から手紙が届きます。

息子の死と真正面から向き合って、
それを乗り越えるまでの家族の姿を描いた感動的な映画です。

全体的に淡々としているんですが、それが逆に活きていると思います。

ジワジワと感動する作品です。

だいすけ
だいすけさん / 2009年3月25日 / から投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

5件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi