ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ : 映画評論・批評

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ

劇場公開日 2002年2月23日
2002年2月15日更新 2002年2月23日よりシネマライズほかにてロードショー

“化粧顔”が見事なヒロイン=ヘドウィグにゾッコン!

画像1

オフ・ブロードウェイで2年半ロングランしたグラムロック・ミュージカルの映画化。監督・脚本・主演のジョン・キャメロン・ミッチェルはその初演キャストで、マドンナもD・ボウイも、彼の声に聞き惚れたそうな。

なるほど、ヒロイン=ヘドウィグにゾッコンになってしまうステキな映画だ。全編にあふれるすべての歌が素晴らしく、D・ボウイやルー・リードのファンにたまらないどこか懐かしいメロディは、思わず口ずさんでしまうほどだ。熱く熱くシャウトされる意味深な歌詞(プラトンの「饗宴」の中の一節「愛の起源」からとられ、愛って自分の“カタワレ”を探すことなのと歌われる)がいい。彼女がドサ回りして歌うのは場末の店ばかり。愛と希望でいっぱいの、広大なテーマ性を持つ歌詞とのあまりのギャップに、より惨めに映るのだ。ああ、痛。

グラムロック時代のスターのようにキンキラの衣装を着、ウィッグをつけて歌う彼女は、見るからにドラッグクイーンだ。涙に暮れれば、つけまつげは取れ、溶けたマスカラで目元は黒くなる。眉毛の描き方ひとつで、感情の変化を微妙に表現させる“化粧顔”が見事の一語。

ウィッグをとり、ケバい化粧をとるとき、“彼”は真実の愛を見つけるのだろう。そのラストに心震えた!

佐藤睦雄

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ[DVD] パーティで女の子に話しかけるには[Blu-ray/ブルーレイ] ラビット・ホール[DVD] パーティで女の子に話しかけるには[DVD]
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ[DVD] パーティで女の子に話しかけるには[Blu-ray/ブルーレイ] ラビット・ホール[DVD] パーティで女の子に話しかけるには[DVD]
発売日:2017年10月18日 最安価格: ¥926 発売日:2018年6月2日 最安価格: ¥3,853 発売日:2012年4月6日 最安価格: ¥1,642 発売日:2018年6月2日 最安価格: ¥3,051
Powered by 価格.com

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全13件)
  • 壁と自由 ベルリンの壁崩壊は、東西の往来により壁が無力化していた為らしい。壁建設には、38度線、万里の長城、実現するかもしれない米メキシコ間のコンクリート壁等、いずれも強い意志が働いている。壁は相容れない... ...続きを読む

    ひろち ひろちさん  2018年3月18日 16:24  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • 音楽映画としてパーフェクト。 既成の曲を使わず全てオリジナルの楽曲でしかも全曲が格好良くてサントラも買ったなぁ。 ストーリーはオチがある様な感じではなくアニメーションや幼少期にヘドウィグの過去など場面がテンポ良く変わり挟ま... ...続きを読む

    万年 東一 万年 東一さん  2018年1月29日 20:17  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 不思議な魅力の映画です 正直、ストーリーはどこまでが現実なのかよくわからなかったです。全部本当の事? 物語は頭の中で今でも混乱してるのですが、不思議な魅力があり、観て本当に良かったと感じました。 曲も…曲が本当に素... ...続きを読む

    しんおすけ しんおすけさん  2016年10月30日 21:41  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

  • レディ・バード レディ・バード “インディ映画の女王”の青春映画は、フレッシュでモダンな感覚がきらめく
  • ゲティ家の身代金 ゲティ家の身代金 巨匠リドリー・スコットが暴く、エイリアンよりも禍々しき大富豪の実像
  • 海を駆ける 海を駆ける 清々しい希望と、静かに迫る不吉で恐ろしい何か。深田監督の集大成的な作品
新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi