劇場公開日 2007年1月27日

どろろのレビュー・感想・評価

2.920
5%
25%
53%
13%
4%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全20件を表示

3.0もうちょっと頑張って欲しかった

2020年6月13日
PCから投稿

学芸会的な雰囲気を何とかしてもうちょっとレベルの高いものにして欲しかった。
それから原作はエピソードの一つ一つがとてもよく出来た人間ドラマなので、どれか一つでもきちっとやってほしかった。切り詰めた脚本がダイジェスト版みたいだった。物語で語るべきところを柴咲コウがことごとく口で喋ってるのに鬱陶しく思った。クライマックスが一番いけない。まず中井貴一はこの物語の雰囲気に全く合っていない。それから対妖怪みたいな感じでずっとやってきたのにクライマックスがチャンバラ??非常にバカバカしかった。きっと予算がなさすぎて原作のような、妖怪達と百鬼丸が戦うシーンや群衆が押し寄せるシーンが撮れなかったのだろう。あー日本映画情けない。クライマックスは母親とのドラマやって弟とのドラマやってから親父とのドラマなのでファミリードラマ3連発で嫌気がさした。原作ではそれを防ぐために弟と戦うところをクライマックスにして親父と戦うところはさらっと済ませていた。またこの映画はその親父と戦うところ以降が長すぎる。
褒められるところはストーリー全体の構成だと思う。原作は打ち切りを恐れて1番面白い所に2刊(全4刊)で行ってしまっているが映画ではそれをきちっと最後に持ってきたので全体のまとまりは良かったと思う。
そして、思い入れの強い作品が映画化されるというのはそれだけでお祭りのようなものである。この作品が映画で見れてお祭り気分を味わえたのが楽しかった。
これを読んでる人がまだ中学生だったのなら、 手塚作品は中学卒業するまでに、おそくとも高校卒業するまでに読め。とアドバイスしたい。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
KIDO LOHKEN

2.0手塚治虫にしては良いできの話ですが、映像はあんまりですね

2020年1月14日
PCから投稿

かなりの低品質にがっくりです、魔物は仮面ライダーとかの使い回しでしょうか、チープそのものです。
妻夫木と柴咲コウはこの頃交際していたので、演技のかけあいは、よく出来ていました。
ただ、それだけです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
アサシンⅡ

3.0ほげほげたらたらほげたらぽん!

kossyさん
2019年11月28日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

 TVアニメが放送されたとき、そのおどろおどろしさには夜中にトイレに行けなくなったほどの小学生時代を思い出してしまいます。カラー全盛の時代にわざわざ白黒アニメにする手法も画期的だったし、当時は差別用語の概念も持ち合わせていなかったので江戸川乱歩怪奇小説並に震えてしまったものです。しかも、TVの時間帯がカルピスまんが劇場となるゴールデンタイム。敢えてこの時間帯に放映するのも画期的だったかもしれません。

 そのTVシリーズは当初『どろろ』というタイトルだったのですが、「主人公が百鬼丸なのになぜ?」と疑問に思っていたら後に『どろろと百鬼丸』とタイトルが変えられました。放映途中にタイトルが変わるといえば、『宇宙猿人ゴリ』から『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』と変わり、最終的に『スペクトルマン』へと変遷した番組もありますからたいしたことではありません。

 さて、この手塚治虫先生の傑作を実写化した映画。コミックでもTVアニメでも最終話で「どろろは女の子だった!」という重大なサプライズがあったのに、映画ではキャスティングそのものがネタバレしています。もしかすると原作とは違い、「実は男だった」などといった大どんでん返しがあるのかと期待していましたが、そこまでは変更されてませんでした。それよりも、復讐の連鎖を絶つとか、子供を簡単に捨てる親たちや百鬼丸とどろろの親子愛を対比させたりして、プロットを生かしてテーマを変えてしまった脚本はなかなかのものでした。それにこれは日本の室町時代などではなく、完全な無国籍ワールドにしてしまったのもよかった。さらに、どろろや百鬼丸の名前の由来についても詳細に語っていたので、「どろろ」が南方で化け物という意味なら、関東では「トトロ」になるのか?などと心の中でボケてしまいました。

 気になった点はやっぱり柴咲コウの声。少年っぽさや、男のフリをしたいがためにがなりたてたりするのは『下妻物語』の土屋アンナのようでした。もしかして妖怪鯖目の奥方(土屋)がどろろに憑いていたのかもしれません。百鬼丸の本来の体が戻ってくる際の苦しみの表情や特殊効果、それにワイヤーアクションは良かったのですが、妖怪のCGや着ぐるみがどうもいけません。B級感溢れるのはいいとしても、あまりにもショボくて笑ってしまえる効果にがっかりでした。妖怪の登場シーンをもっと少なく、あるいは全部カットしたほうが潔かったと思います。

 冒頭の「ほげほげたらたら~」は富田勲作曲のTVアニメのテーマ曲。これが聴けるならいいなぁ~などと甘い幻想を抱いて鑑賞したのですけど、前の座席に座ったおじさんが帽子を脱いだときに、「はげはげたらたら・・・」と口ずさんでしまいそうになりました・・・

〈2007年映画館にて〉

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
kossy

3.0最後に柴田コウに金たま蹴られて妻夫木聡がホントに痛そうだったので金...

2019年6月18日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:映画館
ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
もーさん

3.5まずまず

不死鳥さん
2019年3月9日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

怖い

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
不死鳥

3.0いまいち

2019年1月21日
iPhoneアプリから投稿

なんとなく内容はわかるけど、
昔からか、
妖怪が少しチープな感じに見える…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
walkindude

3.5柴咲コウも妻夫木聡も大変良い。CGはちょっと浮いて見えるしアクショ...

yonda?さん
2018年9月15日
iPhoneアプリから投稿

柴咲コウも妻夫木聡も大変良い。CGはちょっと浮いて見えるしアクションとかもワイヤーなんだけれど映画として上手い。
監督がいいのだと思う。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
yonda?

2.5昔みたときは

maimaiさん
2017年8月18日
iPhoneアプリから投稿

いいなーと思っていたが、最近見るとCGに無理があるし、なんか作り物感?コメディ?!みたいな怪物が出てきたり。笑

でも、妻夫木くんと柴咲コウのやりとり、
なんだか好き。

中井貴一さんの演技っていいよねー。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
maimai

4.0漫画原作だと思えばまぁ

2017年5月5日
Androidアプリから投稿

いろいろと無理あるしCGもわー…って感じだけど、ちょっと前の映画だって思えば気になんないかなと思う。

二人のかけあいというか、柴咲コウのどろろが凄くいい感じで続きがもし出たらみたいなと思った。

個人的には好きな感じ。ちょいグロいけど

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
ミスノン

3.5主題歌のチョイスが絶妙。

たっぐさん
2017年4月6日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル

楽しい

Mr.Childrenが好きなので観ました。

印象は壮大な背景、主人公とヒロインの生き様やバトルシーンが格好良かったです。

頭脳戦は無いので頭を使わず気軽にどうぞ。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
たっぐ

1.5戦闘シーン以外は良かった。

2016年5月8日
フィーチャーフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

笑える

悲しい

原作漫画の奇抜でありながら史実とリンクしたストーリーが好きで公開時、期待して観た記憶です。

映画序盤は楽しめたのですが、中盤以降のやっつけ仕事にビックリしました。魔物のCGに本当ぶったまげました(笑)

無念…。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
にゃんた

3.0勢いが良くてわくわく

Arcoさん
2016年4月28日
Androidアプリから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

興奮

楽しい

原作も知らないし、特別好きな役者が出ているわけでもないので、たいして期待していなかった。
だが、意外と面白くてびっくり。

戦闘シーンも、勢いの良さや迫力があるので、わくわくしながら観ることができた。
戦闘シーンというものは、様々な映画や漫画にでてくるが、結構退屈なものが多いので観とばすのがほとんどなのに。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Arco

4.0いい雰囲気!

伊織さん
2014年7月3日
iPhoneアプリから投稿
鑑賞方法:TV地上波

興奮

ストーリーはわりとありきたりだったが、音楽と映像と演技が哀愁漂ういい雰囲気を作っていて素直に映画の世界に入り込めたし、楽しめた。主題歌のミスチルのフェイク、とても合ってて恰好良かった。出てくる妖怪にお粗末なビジュアルのものが1体あったのだけ…残念。それ以外はとてもよかった。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
伊織

5.0どろろ

2013年12月4日
PCから投稿
鑑賞方法:CS/BS/ケーブル、映画館

怖い

興奮

難しい

原作は読んだ記憶は少しあるのですが結末がどうなったか全く覚えていません。題名が「どろろ」なのに「主人公」は、もう一人の人物「百鬼丸」のようだなあと思ったことを覚えています。
続編も必ず制作されるだろうことを感じさせるラストでした。いや、あえてそのことをはっきりとさせたラストでした。続編では、百鬼丸に人工の身体を与えた人物が、人間の宿命・さがを試してみようかともて遊んだ最後の倒すべき相手となるボスキャラではと想像してみましたが、はたしてどうでしょうか。それと絡んで来る主人公どろろです。どろろの生きていく目的は、百鬼丸と違うところにあるようですが、その極めつけの結果が二人の対決になるような気がします。
繰り返しになりますが、これほどの映画は久しぶりです。人間の生きていく目的はなにか、その目的を果たした結果、人間はどんな風に変わっていくか。一生懸命体に一部を取り戻すための旅でもあるのですが、段々と人間になっていく旅でもあるのです。ということは最後に会うべき人物は…。この私の想像はあえて書かないことにします。そうすると、この映画のテーマの前には、時代背景の安易な面やセットがどうのこうのやCGがどうのこうのは所詮、細事でしょう。この映画が描くテーマは、続編と合わせて見て振り返ると「スターウォーズ」シリーズのような壮大な結末と感動が待っているように思われました。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
Movie Fan 5

4.0柴咲コウさんよかったです。ファンになりました。

Push6700さん
2013年3月16日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

興奮

この映画見るまで、柴咲コウさん、大嫌いでした。
そんなにきれいでもないし、好きなタイプでもないし、そんなに演技うまいとも思えず、見るのいやでした。
特に日本映画ファンである私は、いやというほど見せられ、もうおなかいっぱい、もうやめてくれと、ゲップが出るほどでした。
「日本沈没」柴咲さんの顔見るのがいやで、見に行きませんでした。(結果正解だったけど・・・)
どろろ役が柴咲さんだと聞いて、すごいショックでした。
なんでだ?ぜんぜん違うだろ、どろろは子供で男だろ(実は女だったという設定だったけど・・・)と思い、怒りが込み上げてきました。
でもこの映画見たら、ぜんぜん印象変わりました。
大正解です。
この役は、柴咲さんしか、できなかったと思います。
なんだかすごくよいキャラで、たぶん本性が出ていたのではないでしょうか、ファンになってしまいました。
それにどろろを成人女性にしたことで、恋愛っぽい雰囲気も出て、女子も安心して楽しめるような感じになっていました。
実際、映画館に入っていたのは、7、8割、女性でした。(妻夫木さんのせいかもしれませんが・・)
とにかくこの映画、もすごくいいって感じでもないけれど、ストーリーもしっかりしていて、十分楽しめます。
最近の、おもしろい絵ばっかり求めて、ストーリーが、わけわからなくなっている、ハリウッドのアクション物よりはずっとおもしろいです。
どんどん続編作っていただきたいです。
小さい頃「どろろ」ってアニメで見ていたような気がしますが、怖くて、あんまり好きではありませんでした。手塚先生のだと、「ワンダースリー」が好きだったんですが、「ワンダースリー」→実写は、さすがに無理ですかね?見たいんだけど・・・・・

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
Push6700

3.0イマイチ言いたいことがわからない

ringoさん
2010年10月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

原作は、ディテールはもう忘れてしまいましたが、一応読んだことがあります。それなりにワクワクさせられるものはありましたが、手塚治虫がこの作品を通じて何を言いたいのか、イマイチわからなかった記憶があります。

 で、映画になっても、イマイチ言いたいことがわからない感じがよく似ていました(^^;)。
 柴咲コウが演じるどろろには無理があるんじゃないかと思っていたのですが、意外と許容できました。彼女の、思いきりのいい演技のなせる技だと思います。

 星4つに近い星3つです。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
ringo

3.0音楽が合わない

2010年6月2日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

楽しい

思っていた以上に上出来!面白い。妻夫木も柴咲も浮かれることなく落ち着いている。角川「里見八犬伝」以来のエンタメといっても過言ではない。
ただ、音楽に一貫性が無く、とくに前半の音楽が軽過ぎる。はっきり言って、作品を台無しにしている。

p.s. 絵コンテの松村宏さんに観終わってから見せてもらったら、アレもコレもなるほどというカットばかりだった。松村さんは「おくりびと」の絵コンテも担当している。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
マスター@だんだん

2.0日本映画の悪い癖

2009年10月17日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

悲しい

興奮

自ブログより抜粋で。
--
 原作を知らないんだが、多彩な要素を含んだ題材は面白そう。しかし映画としては、それを活かしきれていない印象。

 とりあえず始まって早々、作品の世界観を説明するのに時間が掛かりすぎ。
 百鬼丸(妻夫木聡)の生い立ちの説明がだらだらと続き、中盤辺りではどろろ(柴咲コウ)の過去が取って付けたように語られる。

 ワイヤーアクションやCGを駆使したアクションシーンは見応えがあるけれど、なんだかゲーム画面を一方的に見させられているようで、高揚感もいまひとつ。
 最後のまとめどころは悪くないと思うだけに基本的な部分での脚本の煮詰め不足がもったいない。

 また、わざわざニュージーランドまで赴いて撮影された壮大な景色や独特な色彩など、映像的に目を見張る部分がなくはないのに、移動感が乏しく、作品世界の広がりが感じられない。
 こぢんまりとした世界観だと良作を作れるが、壮大な世界観を描こうとするとたちまち安っぽくなる日本映画の悪い癖がここでも露呈していて、良質の題材ゆえに観ていて歯がゆくなる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 1 件)
かみぃ

5.0どろろどろろどろろ!!

2009年8月10日
鑑賞方法:映画館、DVD/BD

悲しい

興奮

爽快度
★★★★★
キャスト
★★★★☆
ビジュアル
★★★★★

原作はかの有名な手塚治虫氏の同名漫画「どろろ」
基本的な設定は原作に添っていますが、ストーリーはオリジナリティーに富んだものになっています。
しかし決して支離滅裂にはならず、百鬼丸の悲劇性や格差社会への訴えは原作からきちんと受け継いでいます。
この映画「どろろ」は続編も制作されているそうですが、その割にはラストが尻切れ蜻蛉にならずわりとスッキリしていて、その点でもこの映画は非常に評価出来るものだと思います。
1作目がこれほど優れていると2作目3作目で力が抜けてしまうのではと心配ですが、期待して待つ事にしましょう。

コメントする
共感した! (共感した人 1 件)
時東ぁみば

3.0惜しい!!

belfryさん
2009年3月8日

楽しい

やっと観ました。しかもテレビで・・・。手塚治さんの名作に一流、ベテランの俳優さんで固めたようだが、構成自体が荒すぎてしまったカンジがあります。急がずにじっくりと仕上げて欲しかったです。しかし、俳優さんの演技には拍手!!

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
belfry
「どろろ」の作品トップへ