劇場公開日 2002年10月12日

Dolls(ドールズ) : 映画評論・批評

2002年10月1日更新

2002年10月12日より丸の内ピカデリー2ほか全国松竹系にてロードショー

男性の思う“究極の愛”ってどないやねん

つくづく、北野武はロマンチストだと思った。北野監督が初めて純愛に挑んだこの映画。3つのエピソードはいずれも破滅に向う愛。佐和子(菅野美穂)は婚約者の裏切りに自殺を図る。春奈(深田恭子)は顔に傷を負った自分のために、失明した青年に同情する。良子(松原智恵子)に至っては、公園のベンチでン十年も恋人を待ち続けている。ベネチア映画祭で賛否両論を呼んだのも当然だ。恋も人生も謳歌しているイタリア娘が言っていた。「破滅型の恋なんて理解できな~い」と。

と書くと、「これは近松門左衛門の悲恋を現代に蘇らせた」と反論する人もいるだろう。だが見る方にしてみれば、そんなことは知ったこっちゃない。あくまで主人公に共感できるか否かがポイント。以前、その恋が不倫と知り、ショックで万引きに走る女性を演じた某女優が言ってたっけ。「結局それは、男性が描く女性の理想像。そんなに女性は弱くないって」。同感です。

なので北野映画とか文楽だとか、小難しいことは取っ払って「男性の思う“究極の愛”ってどないやねん」ぐらいの気持ちで劇場に足を運んでみては? 物語に異論はあれど、日本の四季を見事に捕らえた柳島克己氏の映像を見るだけでも損はありません。

(中山治美)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「Dolls(ドールズ)」の作品トップへ