Cutie Honey キューティーハニーのレビュー・感想・評価

Cutie Honey キューティーハニー

劇場公開日 2004年5月29日
8件を表示 映画レビューを書く

庵野とサトエリで、ハニーフラッシュ!

『エヴァンゲリオン』『シン・ゴジラ』の庵野秀明が2004年に手掛けた『キューティーハニー』の実写版。
話題にはなったものの、興行的に失敗し、厳しい声も多く、今となっちゃ駄作/失敗作と言われ…。
でも、個人的には嫌いじゃないんだな。いつぞやの全く原型が無い西内まりや主演版なんかよりずっと『キューティーハニー』である。

とにかくこの作品は、こういう作品だと割り切って高望みしないで見る事。
アニメか安っぽい特撮番組のような演出。
きっと庵野も確信犯的に撮ったに違いない。
アクションやCGが超ショボいと散々言われるが、それも狙い。
アニメと実写を融合させたような本作の造語である手法“ハニメーション”はなかなかユニーク。
開幕早々それを見せてくれる、OPのハニーvsゴールド・クローは、倖田來未のカバー名曲の効果もあって、最ッ高にノリノリ! テンションアゲアゲ! このシーンだけなら5点満点でもいいくらい(笑)
アニメのポップさそのままに、ノれれば楽しめると思うんだけどな~。

忘れちゃならないハニーがハニーである重要要素、西内まりや版では排除された“お色気”。これは勿論!
何と言っても佐藤江梨子の起用が大きい。
見よ、彼女のナイスボディ!
いきなり冒頭からゴミ袋を纏った姿で街を走り、部屋では下着姿、そしてある時はOL、またある時は婦人警官…様々なキュート&セクシーコスプレ。
この役を演じる為の神ボディ!
演技力には難アリだが、それが何だかハニーの天然っぽさを醸し出している。
サトエリの魅力をたっぷり堪能。

周りのキャラも負けず劣らず。
尾頭さん…じゃなくて、ツンデレな女刑事役の市川実日子はぴったりなキャスティング。
パンサークロー四天王もそれぞれ個性的。中でもやはり、ブラック・クロー=及川光博とゴールド・クロー=片桐はいりだね。
個人的にMVPキャラは、パンサークロー首領シスター・ジルに支える執事。常に低姿勢、誰に対しても様付けの敬語、それでいて異様な存在感を発揮する手塚とおるの怪演が一際印象的。

庵野作品らしかぬ底抜けに明るく楽しい娯楽作だが、所々庵野色も。
元気ハツラツヒロインのハニーだが、会社では役立たず。友達は居ない独りぼっち。殺された父の事を思うと、怒りと悲しみが…。
市川演じる女刑事も孤高。
友達を欲するハニーと独りで意気がる女刑事、女二人に次第に芽生える友情。
敵のシスター・ジルも美だけを追求するあまり全ての感情を無くし…。
各キャラに孤独や影を投影させてる辺り、庵野らしい。
また、素早いカットや独特のカメラワーク、演出など、後の『シン・ゴジラ』をこの頃から彷彿させる。

まあ、全てが最高という訳でもない。辛口意見も分かるっちゃあ分かる。
雰囲気は楽しいが、話自体はそれほど面白味は無い。
OPアクションがピークで、徐々に失速。
サトエリのPV、ユルくておバカなギャグ…。
ノれるかノれないか、好き嫌いハッキリ分かれる。

でも久し振りに見たら、まあまあバランス取れていた。
さながら、庵野流『シン・キューティーハニー』。
アニメには及ばずとも、何度か作られた実写ハニーの中でも、上々のエンタメ作だと思う。

近大
近大さん / 2018年7月15日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:DVD/BD、映画館
  • コメントする (コメント数 1 件)
  • 共感した! (共感した人 2 件)

さとえり炸裂

彼女の魅力、それだけ。それ以上でもそれ以下でもない。
ストーリーなど、映画としては今ひとつ。

なとぉ
なとぉさん / 2017年12月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

原作通り

佐藤江梨子演じるキューティーハニーが悪の軍団パンサークローと戦う。
抜群のプロポーションを持つ佐藤江梨子の魅力満載で、とても楽しく出来上がっている。
子供を連れて映画館に行っても、お父さんも見入ってしまっただろうなぁ。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年12月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  笑える 楽しい 萌える
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

溢れ出るコレジャナイ感

サトエリ演じる色気のないキューティーハニーに罵詈雑言を浴びせたくなった。
庵野秀明には実写映画は無理だな。
今じゃ倖田來未の主題歌も、世間から忘れ去られようとしている。

2017年9月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.5
  • 印象:  寝られる
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

サトエリは下手だなぁ。完全に市川実日子の映画やね。 しかしキューテ...

サトエリは下手だなぁ。完全に市川実日子の映画やね。
しかしキューティーハニーがババシャツとは

kens
kensさん / 2017年1月25日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

やっぱりキャストかな。

内容はきっと、普通だったんだと思う。

主人公役のサトエリにもっと演技力があったら化けてたかも。

加瀬さんのなよなよさが面白かった。

華co
華coさん / 2013年12月5日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:DVD/BD、CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

色気が決定的に足りないキューティーハニー

いきなりサトエリの入浴&白ブラに白パンという純真な男子高校生なら二杯は楽勝でイケちゃいそうなシーンでスタート。
さっすが『キューティーハニー』さん、話が分かるッ!
と思ってみていたら、どうも空気が違う。

最初の期待感のままでずーっと。それ以上のお色気がないのだよね~。
サトエリに求めるのが無理な話だったのか何なのか。
とりあえず相棒の市川実日子が色気ゼロなので、「なんとなく色っぽいでしょ」なノリは相対的にキープできてなくもない。が、さてどうなのか。

原作はマンガもアニメも未見なので再現度を四の五の言う気はまったくないけれど、マンガや昭和アニメの雰囲気をそのまま持ってきました的なシーンは良くも悪くも特徴的。
360度全周包囲で内側に向けて発砲すれば、そりゃ同士討ちして当たり前だろってツッコミ入れたくなる。
たぶん、原作ファンなら「そうそう、コレコレ! バカだよね~」ってなるのだろう。未見だから知らんけど。

しかし特撮を期待して観た場合、どうも勝手が違う。
コスチュームも肝心のキューティーハニーが素人のレイヤーさん衣装より安っぽく見えるってどういうこと?
もうちょっと頑張ってくれてもいいんじゃないか。特撮映画なのだから。
同じことが悪役の秘書にも言えて、そのカイゼル髭、付け髭なのがモロバレじゃんか。うーむ。

ただ片桐はいり、及川光博ら敵役四天王は、とっても活き活きしている。
特にゴールデン・クローの片桐はいりは、おバカなキャラをこれでもかと体当たりで演じていて、観ている側も気持ちいい。終わり際のあっけなさも秀逸。

といっても観客としてはキューティーハニーのお色気に期待しているのだし、もうちょっとの感はとっても強い。
少年誌にあるような「イヤ~ン」的な何か。ヌードという直球じゃなく、しぐさや妄想で喚起されるエロというのがもっと盛り込まれてよかったんじゃないのかと。
結局、冒頭の入浴や白ブラ+白パン以上のエロ~イなシーンがないのだよね。

そういや、主題歌を歌った倖田來未は「エロかっこいい」などと言われてセクシーなポジションを確保していたのに、本作は彼女ほどはお色気バイーンな作品になりきれなかったな、と。

構造としてサトエリ主演のアイドル映画という類型になってしまっている以上、彼女の女性らしさをガツンと出さないことには始まらない。
某スイーパーな言い方すれば、もっこりしてくれなきゃ困るわけだ。
サトエリも素材はいいのに、本人の意識不足なのか周囲のプロデュースがヘタなのか、あと一歩な感じが強い。

だったら観ない方がいいのか。
否。アイドル映画として見た場合、旬な時期に製作された本作、彼女のファンなら押しといえるだろう。

では評価。

キャスティング:4(キューティーハニーが包含する「エロ」の部分でやや不足)
ストーリー:3(お色気プスプスゥ~で肝心な部分が足りない)
映像・演出:4(お色気要素が不足。もう少しがんばりましょう)
特撮:7(わざとチープなのだと見れば、とってもうまい作り)
お色気:4(中高生向けの健全エロを強気に押しすぎた)

というわけで総合評価は50点満点中22点。

スケベな画像がネットに氾濫している昨今、ストレートなエロは映画にいらない。
長尺映像ならではのお色気を押し出しできる作品なら、もっとオススメできたと思う。

永賀だいす樹
永賀だいす樹さん / 2013年4月26日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  笑える 楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

勿体ない ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ハニーはだいたいこんな感じで良かったと思います
シスタージルはハニー以上にセクシーな女優に演じて欲しかったです
長期戦になりそうなのに、燃料を持って行かないのが不可解でした
ラストバトルの肩透かしには不満が残りました
よくあるパターンの平和的な解決は失敗でした

スノークの息子
スノークの息子さん / 2010年4月6日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

8件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi