劇場公開日 2005年11月12日

カーテンコール(2004)のレビュー・感想・評価

3.23
20%
27%
39%
7%
7%
採点

採点する

採点するにはログインが必要です。

新規会員登録

全3件を表示

4.0幕は今一度上がる、人生のカーテンコールの為に

近大さん
2015年4月25日
スマートフォンから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

幸せ

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
近大

3.5ぶち男前っちゅうわけやないけど・・

shimoさん
2013年7月27日
PCから投稿
鑑賞方法:DVD/BD

泣ける

難しい

ネタバレ! クリックして本文を読む
コメントする
共感した! (共感した人 0 件)
shimo

5.0良心に満ちた秀作

かみぃさん
2010年5月29日
PCから投稿
鑑賞方法:映画館

泣ける

幸せ

拙ブログより抜粋で。
--
 現代と過去を盛んに行き交う複雑な構成ながらも、揺らぐことのない家族の絆というテーマ。予想外の展開に翻弄されたが、振り返ってみればものすごく単純な話とその結末。ほつれた記憶の糸がほどけたような思いがした。

 役者も皆いい。
 若いころの修平を演じた藤井隆はさすが吉本芸人だけあって、舞台上で活き活きとしているのが伝わってくる。しかしそれにとどまらず、舞台の外側での芝居も堂に入っており、観ていて不安を感じさせない。
 一方、老後の修平を演じた元ザ・スパイダースの井上堯之。筆者はさすがにザ・スパイダース全盛期は知らないのだが、この人はものすごく表情がいい。この味はそうそう出せるもんじゃないだろう。そして彼もまた、舞台に立つと貫禄がにじみ出て、昔を知らない筆者でも単なる素人俳優とは違うオーラを感じずにはいられない。

 そして忘れられないのが、修平の娘・美里を演じた鶴田真由。
 筆者はこれまでの作品での彼女の芝居は、台詞回しにどこかぶっきらぼうな印象があってあまり好きではなかったのだが、ここではそれが美里の頑なさにうまくはまっていて予想外によかった。
 しかしひときわ強烈だったのは、ラストに見せる感極まった表情!
 もう、たまらんです。一撃でノックアウト、一本取られた、試合終了って感じ。
 生意気なこと言っててすみませんでした。貴女はすばらしい女優さんです、はい。
 うーん、思い出すだけでも泣けてくる。

コメントする (コメント数 0 件)
共感した! (共感した人 0 件)
かみぃ
「カーテンコール(2004)」の作品トップへ