クレイドル・ウィル・ロック : 映画評論・批評

クレイドル・ウィル・ロック

劇場公開日 2000年10月7日
2000年10月1日更新 2000年10月7日より恵比寿ガーデンシネマほかにてロードショー

ロビンスが惚れ込んだ“幻の舞台”が今ここに!

画像1

寝ぐらがわりの劇場の舞台裏から職を求めて街に出る女優志願の娘オリーヴを追っていたカメラが、窓から舞台「クレイドル・ウィル・ロック」の作曲家ブリッツスタインの部屋へ。ワンショットで一気に見せるこのオープニングもさることながら、オーソン・ウエルズら著名人が絡んだ実話に架空の人物たちを絡ませたロビンスの才気に、とにかく惚れぼれ。登場人物が多いので物語は散漫な印象を与えるのだが、それでも地味派手な演技陣と、彼らが演じる個性派揃いのキャラクターたちに引っ張られて、それぞれのエピソードを見ているだけで十分楽しめるのもまた事実なのだ。とりわけ、ロックフェラーやムッソリーニの宣伝活動家ら芸術のパトロンたちの傲慢さ・悠々自適ぶりに愛情すら抱かせるあたり、演じるジョン・キューザックスーザン・サランドンもさすがといったところ。

が、もちろん、ロビンスが表現への想いを託しているのは、上演禁止の危機に瀕した舞台のスタッフ・キャストたち。彼らの演技への情熱が溢れるクライマックスは、物語の中だるみも忘れて、素直に胸が熱くなる。これで、コメディ・センスも抜群のロビンスがウェルズ役ででも出演していればと思うのは贅沢?

杉谷伸子

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

クレイドル・ウィル・ロック[DVD] クレイドル・ウィル・ロック[DVD] ラウンダーズ[Blu-ray/ブルーレイ] トランスフォーマー[Ultra HD Blu-ray]
クレイドル・ウィル・ロック[DVD] クレイドル・ウィル・ロック[DVD] ラウンダーズ[Blu-ray/ブルーレイ] トランスフォーマー[Ultra HD Blu-ray]
発売日:2001年12月7日 最安価格: ¥4,935 発売日:2011年4月22日 最安価格: ¥1,944 発売日:2011年6月29日 最安価格: ¥3,024 発売日:2017年12月13日 最安価格: ¥4,786
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi