劇場公開日 2000年9月9日

60セカンズ : 映画評論・批評

2000年9月1日更新

2000年9月9日より日劇プラザほか全国東宝洋画系にてロードショー

スリルと興奮の正統派娯楽大作!

超高級車のすべてに女の名前を付けるベタで愛しい発想を始め、24時間で50台を盗むアトラクション感覚の泥棒遊戯、そして元祖バニシングなハリッキー精神を受け継ぐチェイスと空飛ぶ車などなど、車好きはもちろん、スピード&アクション好きからバニシング魂をお持ちの方、そしてキツい・ケバい・エロい、ピッチピチにビッチなミレニアム的野獣美人アンジェリーナのウォッチャー(笑)まで、幅広いファン層を楽しませる大娯楽「60セカンズ」はホット+ホット気分で残暑に喝っ!

60秒であらゆる高級車をイかせる伝説男にぬぼ顔ニコラス・ケイジ。単なるハンサム系スターとは一味違う謎の吸引力を持つ彼が盗みの戦闘服に着替え「俺は天才俺は盗みの芸術家」と呟く場面や、“フェラーリな役作りをした”というアンジェリーナが蛇女みたいな髪型で車の下から台車に乗ってズワッと登場するシーンは出色の出来。笑いどころは極悪非道なくせに家具職人な趣味を持つ組織のボスの存在。そして「七人の侍」形式の泥棒仲間調達やコテコテな兄弟愛はこそばゆいけど泣き所を突く。久しぶりに正しい起承転結を持つエンターテインメントの登場なり。それにしてもアンジェリーナ最高。観て驚けっ!

(大林千茱萸)

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「60セカンズ」の作品トップへ