劇場公開日 2002年10月26日

トリプルX : 映画評論・批評

2002年10月15日更新

2002年10月26日より日劇3ほか全国東宝洋画系にてロードショー

バッドボーイの国際諜報員が大暴走!

画像1

傑作SF「ピッチブラック」でもタフなアンチヒーローを演じて大注目のビン・ディーゼルが、ついにその牡的魅力を暴走させた「トリプルX」。昨年のスマッシュ・ヒット作「ワイルド・スピード」のロブ・コーエン監督と再び組み、このスキンヘッド・コンビが誕生させたのは、バッドボーイのスパイ・ヒーロー。しかも、ヒロインが、イタリアン・ホラーの親分ダリオ・アルジェントの娘で、スキャンダラスな話題に事欠かないアーシア・アルジェントという、強烈なフェロモン・キャスティングだから尋常じゃない。

東欧のテロリスト・グループの諜報活動でジェームズ・ボンド的エリート・スパイは次々殺され、業を煮やした米国家安全保障局は「ワルにはワルを」と方針大転換。犯罪者を敵地に送り込む選抜試験(!)で、ダメモトの新人スパイにリクルートされたのが、危険なゲームに命を賭ける反逆児ザンダー(ディーゼル)。襟首のタトゥーにちなみ、コードネームはトリプルX(フツーは、ハードコア・ポルノを指す語)……という設定で、あとはやりたい放題。空に地に、雪山に水中に、これでもかこれでもかと活劇シーンが詰め込まれ、これで満足できなきゃ、おかしい。

(高橋良平)

Amazonで今すぐ購入

関連ニュース

関連ニュースをもっと読む
関連DVD・ブルーレイ情報をもっと見る
「トリプルX」の作品トップへ