エデンより彼方に : 映画評論・批評

エデンより彼方に

劇場公開日 2003年7月12日
2003年7月1日更新 2003年7月12日よりシネマライズほかにてロードショー

ただすさまじい知力と労力に感嘆するのみ

画像1

エデンより彼方に」は近年もっとも高価な実験映画かもしれない。そうとでも思わなければこの映画に費やされた多大な労力を合理化できまい。

単純に見れば、これはただのメロドラマである。舞台は50年代、アメリカの田舎町。主人公である中年主婦は地域社会の重鎮であるエリートの夫と可愛く素直な子供に恵まれ、何不自由ない暮らしを送っている。だが、ある日すべてが暗転する。夫が隠していた暗い秘密が明るみに出て、妻は夫の愛を失う。唯一の慰めは黒人庭師との交情だが、偏狭な白人社会はそれさえも断罪せずにいられない。

平凡な主婦にあらゆる不幸がふりかかる、というプロットはダグラス・サークの55年作品「天はすべてを許し給う」のリメイクである。だが、監督のトッド・ヘインズはただリメイクするだけでは飽き足りなかった。画面の色調をCG処理までして50年代のテクニカラーに合わせ、衣装(主演のジュリアン・ムーアは尖った“ハリウッド・ブラ”をつける)も音楽も50年代風を見事に再現する。演技さえもが――抑えた演技を得意とするムーアさえ――かつてのハリウッド風の大仰なものだ。ヘインズは完璧に50年代映画を再現してみせた。だがいったい何故? それに答えられる人はいない。ただ注ぎこまれたすさまじい知力と労力に感嘆するのみだ。

柳下毅一郎

関連コンテンツ

インタビュー

トッド・ヘインズ監督インタビュー
インタビュー

アカデミー主演女優賞、脚本賞、撮影賞、作曲賞の4部門にノミネート。さらにインディペンデント・スピリット賞では、作品賞、主演女優賞、助演男優賞、撮影賞、監督賞の5部門を独占するという快挙を成し遂げた本作。メロドラマの巨匠ダグラス・ サー...インタビュー

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

映画レビュー

平均評価
3.6 3.6 (全7件)
  • 苦しい 紅葉を徹底的に使用する美術・カメラ。紅葉が苦手な自分には辛い。 でもたまにはこういう苦しい映画もいいか。 ...続きを読む

    osan osanさん  2018年4月5日 16:15  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 人類は前進しているか ジュリアンムーア好きにはたまらなかった。毎日着飾るジュリアンムーアの魅力に何故気付かないんだ!と憤るのは、もはや監督の術中にハマっていると言う事なのだと思う。 監督はハンデのある恋愛を撮るのが... ...続きを読む

    奥嶋ひろまさ 奥嶋ひろまささん  2018年1月18日 23:14  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 重い題材をあえてメロドラマに 「キャロル」の監督、トッドヘインズ氏の監督作品ということで鑑賞。ジュリアンムーア扮する一流企業の夫を持ち周囲から羨望を集める主婦キャシーが、突然夫にゲイを宣告され、ショックの中で優しくされた黒人... ...続きを読む

    non nonさん  2017年1月31日 22:44  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

新作映画評論

新作映画評論の一覧を見る
Jobnavi