チェルシーホテル インタビュー: ②イーサン・ホーク インタビュー

ホーム > 作品情報 > 映画「チェルシーホテル」 > インタビュー > ②イーサン・ホーク インタビュー
メニュー

チェルシーホテル

劇場公開日 2001年8月3日
2002年8月2日更新

イーサン・ホーク インタビュー

田畑裕美

「このホテルのポジティブさとネガティブさ、両方を表現したかった」

画像1

──ニューヨークに初めて来たとき、チェルシー・ホテルに泊まったそうですが、そのときの印象はどうでした?

「この映画で一種のゴースト・ストーリーを語りたいと思ったんだけれど、僕が泊まったときは実際にゴーストを見たというより、その気配を感じたんだ。このホテル全体がゴーストでいっぱいだと感じた。ここの長い歴史、時間を感じたのかもしれない(チェルシー・ホテルは1884年竣工)。むかし、このホテルの裏のブロック全体が巨大なガーデンだったことを知ってる? どんなに美しかったろう……。このホテルにはポジティブなものとネガティブなものが両方ある。それをこの映画で表現したかったんだ」

──チェルシー・ホテルはマンハッタンにありながら異国的で、多くのボヘミアンを引きつけてきましたよね。

「うん、ここはボヘミアンのパラダイス、ボヘミアン・ライフにとっての聖パトリック教会かな。“もし君がカソリックなら町で一番大きな教会へ行け、もしボヘミアンになりたかったらチェルシー・ホテルに来い”って感じだね(笑)。ぼく自身はボヘミアン・ライフに憧れることはもうないけど。だって、ぼくの子供たちが始終ボヘーム(放浪)してるからね(笑)」

──映画に伝説的な歌手、ジミー・スコットが出てきますが、彼はここの雰囲気にぴったりですね。

「リトル・ジミー(とイーサンは呼ぶ)は本当にここに合ってるよね。彼に連絡したのはちょっとした偶然からなんだ。この映画の音楽を担当したウィルコのジェフ・トゥイーディが、こんな歌手がいる、というので、彼のステージを聞きに行った。魅了されたね。それで、是非にと頼んだら出てくれたんだ」

画像2

──彼の歌う姿から「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」を思い出しました。

「そうだろうね。実際、この映画は『ブエナ~』からいろいろなものを学んでいるんだよ。あの映画はデジタルカメラで撮影した最高に美しい映画だと思う。あの色彩の美しさの理由を考えてみたんだけれど、ひとつはキューバということだ。キューバのあの真っ青な空、そこに色彩が映えるんだと思う。だから僕はこの映画の色彩設計に注意した。ユマ(詩人を夢見るウェイトレス役)の部屋は赤、若い恋人たちの部屋はブルー、クリス・クリストファーソン(中年の作家役)の部屋は無彩色を基調に……というふうにしたんだよ。

あと、アルフォンソ・キュアロンの映画も参考にしたよ。彼の『天国の口、終りの楽園。』は見た? すばらしいよね! 最近見たなかで最高の映画だよ」

──その映画を日本で配給する会社に言っておきます。喜びますよ。

「ぼく、宣伝してあげてもいいよ。その会社が、ぼくの映画に500万ドル出資してくれたらね(笑)」

──ご自分の小説は映画化しないんですか?

「正直いうと、そのことはいつもいつも考えてるんだ。映画化するなら、まず1作目の小説からだね。でもどうなるか。監督はまたぜひやってみたいんだけどね」

退廃的なビクトリアン・ゴシック様式のチェルシー・ホテル。その一室で熱っぽく語るイーサンの周りだけ清新な空気が漂っていた。このときの彼はスターではなく、映画作りに魅せられた一人の新人監督なのだった。

インタビュー

関連コンテンツ

関連ニュース

関連ニュース

フォトギャラリー

DVD・ブルーレイ

チェルシーホテル[DVD] レ・ミゼラブル[Blu-ray/ブルーレイ] インポスターズ 美しき詐欺師たち DVD-BOX[DVD] Gガール 破壊的な彼女<特別編>[DVD]
チェルシーホテル[DVD] レ・ミゼラブル[Blu-ray/ブルーレイ] インポスターズ 美しき詐欺師たち DVD-BOX[DVD] Gガール 破壊的な彼女<特別編>[DVD]
発売日:2003年2月7日 最安価格: ¥5,076 発売日:2012年12月19日 最安価格: ¥1,500 発売日:2018年6月6日 最安価格: ¥4,639 発売日:2014年4月17日 最安価格: ¥526
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

最新のインタビュー

  • インタビュー 来る 岡田准一&小松菜奈が初タッグ 中島哲也監督は怖い人?
  • インタビュー 斬、 池松壮亮&蒼井優“塚本晋也監督は真のインディペンデント作家”
  • インタビュー 鈴木家の嘘 「“家族”を改めて考えた」岸部一徳、野尻克己監督デビュー作で息子を亡くした父親を繊細に体現
インタビューの一覧を見る
Jobnavi